-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

「風景と情景」というブログに出会った

JUGEMテーマ:がん全般

「明日もいい日にしてみせますよ。ではまたね。」

 

最近、がん関連の事を検索をしていて見つけたブログが、「風景と情景」です。


そのブログは各記事の最後に、この言葉が書かれています。

病気になる数年前からブログを書かれていて、最初の頃の記事からも、機知に富んだ人柄が解り興味を持って読んでいたら、なんと患部は食道で、同じ頭頸部(私は副鼻腔)で、治療されていたが、呼吸器科も受診し始めたあたりで更新が止まっている。

偶然にも病院も同じ「大阪国際がんセンター」だった。

退院後の社会復帰が早い事に、主治医が驚いておられたそうだが、もう少し休養期間を長くとるように、病院がアドバイスしてほしい.....。

 

j-45.hatenadiary.org

----

j-45.hatenadiary.org

 

この方の入院時期は(大阪国際がんセンターの移転開院後すぐの頃)、それは私は大阪府立成人病センターの最後の頃に入院して、4度目の手術を受けたすぐ後で、今より回数多く通院していたので、ブログを知っていたら是非お目にかかりたい方だった。

ぜひ、一度他の方にも読んでいただきたいなと思うので、病気関係以外で心に残った日の文を一部引用します。

 

普段のひょうきんな一面を知って、闘病部分を読むと、辛いけれども、また心から人生を大切にしなくてはという、静かな勇気も出てきます。

 

ブログ主はケアマネージャーとして福祉の仕事で頑張っておられました。

大阪に飛田という旧遊郭があります。

そこに利用者さんの御宅があり、訪れた日には飛田地域への感想を交えた文になっています。

 

金曜日は飛田新地に住む利用者さんのお宅に
伺う日だ。

 

飛田新地は古い遊郭。その形態を今も
残す、全国でも珍しいのかもしれない
特殊な地区だ。

 

ビックリするくらい可愛い女の子から、
ビックリするくらい・・・なオバサンまで、
皆さんお金で自分を売っておられます。

 

あるお店から、中年のオッサンがスッキリした顔で
出て来たのを見た。仲介役のやり手ババアと、今しがたまで
そのオッサンに抱かれてた女の子が「また来てねえ」と
手を振っていた。

 

(中 略)

 

うわあ俺、最悪だな・・・ああ、いやだいやだいやだいやだ。
なんでこんな文章書いちまうのかねえ・・・また酒か・・・
明日これを見直したら、またいつもの様に後悔するんだろうな。

 

寝る。がんばれ、がんばれ。

 

とりあえず、真面目に働け。真面目に生きろ。気をしっかり持て(?)。

 

明日もいい日にしてみせますよ。じゃ・・・zzz

https://j-45.hatenadiary.org/entry/20050819

(大体は誘惑に負けないぞという文・・でも、後の方では体験されたようでもある。。。
まあ、若い男性なら体験したくなるのは理解できる。嵌らなければマアそれもありかな。)

すごくマメにブログを書いておられるし、きっとお元気になられたらブログを再開されるなり、閉じる場合は何か一言でも書かれると思うので、中断は本当に気にかかる。

 

でも存命かどうかということを超えるぐらい、彼という人は、私の心の中では、ずっと輝き続けると思う。

 

*同じテーマを「いつも+2」にも書いているので、文の一部は重なっています。

at 21:59, inking, 心に残ること・人・サイト

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

死は、新しい命に生まれ変わる節目

ずいぶん長く更新できなかったのですが、1月7日に98歳の誕生日を迎えた父の体力が、その後は徐々に低下して、4月1日に天寿を全うして人生を卒業しました。

 

父は自分の死亡通知として、こんな文面のハガキを用意していました。ごく近しい人だけに、こんな風に知らせてという希望だったと話しましたが、ハガキも古くて出せませんでした。代わりにここに書かせていただきます。

 

「皆さん今まで、本当に長い間お世話になり有難うございました。どうぞお元気で、さようなら。」平成○○年○月○日 天国一丁目一番地 はら しげる

 

このブログは私ががんになってからの記事が多いので、読んでくださっている方にも、闘病中の方もおられるかもしれないと思い、こんな話題を避けようかとも思ったのですが、片柳弘史神父のTwitterに以下のような言葉があったので、考えを改めました。

 

「死とは、芋虫が蛹(さなぎ)を通って蝶に生まれ変わるように、一つの命が別の形に生まれ変わるとき通過する節目。暗闇に呑み込まれ、すべてが消えてしまうような死は存在しません。まばゆい光に包まれ、新しい命に生まれ変わる。その瞬間が死なのです。今晩も、皆さんの上に神様の祝福がありますように。片柳神父」

 

「まばゆい光に包まれ、新しい命に生まれ変わる。その瞬間が死なのです。」とても素晴らしいことだなと思います。

 

またこの言葉は、私の不思議な体験も思い出させてくれました。まだ退院後日が浅くて、自分の頭のどこかに死があった時期のことです。眠ろうとして布団に入っていた時、いつもと同じ普通の部屋なのですが、周囲全体が光り輝く状態になり、そこへサッカーボールぐらいの大きさの光の玉がスーッと現れたのです。綺麗だなあーと思って幸福な気持ちになりましたが、玉が部屋を半周したぐらいで自然にホワーッと光は薄れて、普通の部屋に戻りました。これはもしかして臨死体験だったのかなと思ったり、ただの夢だった思ったり、半々の気持ちです、それぐらいリアルな体験でした。

Twitterの読込みをしたかったのですが、このブログではエラーになったりすることがあるので、Twitterを画像として掲載させていただきます。
 
片柳神父
ブログランキング・にほんブログ村へ

at 11:47, inking, 命・病気について

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

『星への手紙』北原敏直詩集

---以前の記事ですが、自分自身が時々見返したいし、
検索も多いので、時々日付を変えて、上に表示されるようにしています。---
2010.05.23(最初の投稿日)


ふとした事から、筋ジストロフィーで15歳でこの世を去った少年、北原敏直君の事を知りました。
検索をしてみると、いくつかのブログで彼の詩と、一度は生きる望みを失って絶食を試み、お母様と看護師さんの真心を知って思い直したエピソードが紹介されていました。
本当にはっとするような美しい詩です。彼の詩集『星への手紙』は、今は書店やアマゾンでは扱っていなくて、古書店のサイトにも無いのですが、隣の市の図書館にありました(広域サービスで借りることが可能)。
2週間の貸出期間で、延長は一回だけ可能との事、とても嬉しかった。
彼は短い人生の中で自分の役目を立派に果たしています。こんな詩を残してくれて、ありがとう。

きにしないこと
空の雲のように
どこに流されようと
草花のように
たとえ一年の命でも


15歳の少年が,こんな禅宗の高僧か、キリスト教の修道者ような心になるまでに、どれだけ涙を流したでしょう。
*彼は詩で神様(キリスト教)を知ったとも書いています。

また、こうも記しています。

「今の僕には、心の支えがあります。
明日への大きな夢もまた限りありません。
雪に対しても新しい見方が出来るのです。

 小さな思い出として、その時々に雪を見てきた僕は、
雪と育ってきたといわれたいのです。

 ぼくのゆめは雪のようにきれいに生きることです。

詩集『星への手紙』北原敏直:著、石田 皎:編(1974年、新書館:刊)より。
※石田 皎先生は、この他にも多くの患者(主に筋ジストロフィー)の出版を助けておられます。
 
みなとの空
--- image 空の雲 (夕暮れの大阪港) ---
 
彼の言葉は普段幹に見えている事が枝葉であり、幹は「きにしないこと/空の雲のように/どこに流されようと」だと教えてくれています。
そして根は、「雪のようにきれいに生きる」ことだと。
こんな気持ちが無ければ、生死の境界線上で、自分の命を見つめることもできない事を。
彼のように凝縮した期間ではなくとも、それぞれに与えられた一生に限りがある事は、結局誰しも同じですね。
それなのに、人が教育を受ける期間中、学校自体が早期から、有名大学経由の恵まれた就職先を目指す競争の主体になったり、スポーツ界など特定分野での成功を讃えたりしているのが不思議。
誰もが、一番大切な事を見過ごして、他の事で頭が一杯になっている。
(私自身、入退院を繰り返し転移や再発の恐怖感が大きかった時、諦観は持たざるを得なかったけれど、こんな奇麗な気持ちでは無かった…教えられました。)

この他にも次のような詩があります。現在絶版になっているので、引用としては多いかもしれませんが、紹介させて頂きます。

生きているんだ

この一日 きょうも
自然は みゃくうつ
野のかたわらでは花がさき
朝の光の中ではせみが生まれる。
そうだ 生きているんだ
空が 大地が 地球が
そして ぼくも


わけてあげよう

よろこびを感じたら
ほかの人にも
わけてあげよう
人生なんて短いから
自分なんて点のようだから
一人でも多く
よろこばしてあげよう
わけてあげよう
ちりのような
もっともっと
空気の分子のような
小さなよろこびを
一人一人に
わけてあげよう
ああ早くしないと
人生がつきてしまう
点のような自分が
けしゴムで消すように
きえてしまう
今感じているよろこびも
むだにはできない


目ざめ

神様を知った時
心のおくそこで
なにか小さなものが
光をはなちはじめた
それはなみだのごとく
愛の色にみちていた
ああそれはきっと
いまにふくらんでいくのでしょう
神の心をはなちながら
その時こそ ぼくは生まれかわるのです
すなつぶのように
こまかな波のように



【参考論文(PDF)】
伝道上からみた仏教教理の臨床的考察
 [ 駒沢大学 学術機関リポジトリ 仏教学部 ]
(北原君の幼少時から亡くなるまでの経過と、多数の詩が紹介されています。駒沢大学仏教学部の論文ですが、宗教色は強くなく、  大変読みやすく書かれています。選ばれている詩もすばらしい、貴重な論文です。)

【参照させて頂いたブログ、エッセイ】
・脊髄小脳変性症を友として
・星になった少年:彼と直接のコンタクトを取られた方によるエッセイ
(面会はできなかったそうですけれども…)
---2010.05.23---
JUGEMテーマ:読書

at 00:19, inking, 心に残ること・人・サイト

comments(0), -, - -

                             

冤罪男性は義娘を犯していた。孫については冤罪で国賠請求?

新年早々から変な話題で恐縮ですが、ふと冤罪事件〜国を相手の損害賠償の、

新聞記事に気づいて、偽証だと非難を浴びておられる方をとても気の毒に思いました。

 

新聞記事がこんな事で報道と言えるのだろうかと思うほど、

断片的で簡略すぎる事が誤解の種なのですが、

この話題を取り上げたブログや、メジャーなニュースサイトのコラムなども、

冤罪という点だけをクローズアップしていました。

新聞記事をそのまま全貌と受け止めたSNSのコメント欄が、バッシングの嵐。

案の定、ニュースのまとめサイトにすごい憤りが叩きつけられている。

だから警察や司法はおかしいとか、性的被害の訴えのほとんどはウソだとか、
6年も無駄にさせられた人がいるんだよ!って勢いです。
背景の欠落や、断片的な法律知識が、
この決めつけの材料になってしまっているのが怖いです。
感情的な思考回路の共鳴は、まさに炎上状態です。
-

5ちゃんねる

(見やすいのでリンクしますが、Twitter、FBなども同じ調子の非難がほとんど)

-
ほとんどのニュースサイトも新聞記事の丸写しでしたが、下記のブログで事情が解りました。
この事件は自分の孫娘(本当の被害者は母親)から訴えられた祖父で、
本来の被害者(母親)が結果的には、自分(時効)の身代わりを、娘にさせてしまったような悲しい事件。
しかも根も葉もない思い込みではなく、爺さんのH行動があって、
孫が大伯母に相談し、それが母に伝わったからだった。
偽証とはいえ全くの無実の罪でなく、賠償請求は無反省過ぎと思いました。​​
*このブログに、週刊誌の記事が引用されているので、
信ぴょう性に疑問を抱く方もあったため、公判記録(一審)をよく読んでみると、
義娘を犯していたという内容は「争いのない事実(本人も認めている)」だった。
2015の再審で無罪となったが、孫に対しては痴漢行為であって、
強姦はなかったということが認められただけで、
一審の内容が全て破棄された訳ではない。
 

なんとも気の毒な娘さんと孫娘さん。よく辛抱されたなと思います。

他人の「ウソ」と勘違いして憤っておられる方々は、

なぜこの孫娘さんが偽証をしなければならなかったかを考えてみてほしい。

偽証罪・虚偽告訴罪もすでに時効になっているのに、
偽証罪でこの男性と同じだけの刑をというコメントも多い。

 

深い真相は当事者でないと解らないですが(*1)、複雑な事情を作ってしまった事は、

偽証者の母の義父だった爺さんに、責任があるだろうに、

この夫婦は、国を訴えてさらに傷を深める必要はどこにあるのだろう?

 

判決と冤罪被害男性のの記者会見だけ報じる新聞は片手落ち。

偽証したのは男性の孫娘で、複数の証言者も含めて関係者全員が家族・親族(義理も含む)。

男性本人が原因を作った家庭内の性的な「揉め事」です。

公判記録でも義娘には小学校5年〜高校1年まで性的関係があったと本人が認めている[争いのない事実](時効)。

孫に対しては痴漢行為程度←ここが偽証(偽証も虚偽告訴も時効)。

拘束日数に応じた補償2800万円は受領済み。

 

扶養されているために何年も耐えた、娘や孫娘さんの事が気の毒です。

大新聞やそれを機械的に転載するニュースサイトなどの記事は、

無罪の場合に当然ある補償の事も、公務員の故意過失を問う国家賠償法の、

目的や性質についても触れずに、誤解ばかり拡大して孫娘への非難の嵐です。

 

法的には冤罪だが、それだけをクローズアップするのは疑問だと思う。

これを高額賠償したら、検察や司法の誤謬を全部国家賠償しなければならなくなり、一族で口裏合わせた詐欺も可能。

現在の刑事補償が低額だという事は、別に考えるべき事だと思う。

 

*本来は、家庭内の事情は掘り下げて欲しくはないが、もし新聞で報道するのなら、

なぜ訴えられたかも、ある程度は明らかにしないと憶測を生んでしまうし、

冤罪に関しても司法や捜査関係者も巻き込んで非難の嵐が起き、

社会に無用の不信感が生まれると思う。

 

複雑な背景があるのに、「ウソ」で冤罪とだけ報道する新聞は、

影響力の巨大さを考えているだろうか。

事実を間違いなく報じるという事では良いのかもしれないが、
報じ方、光の当て方によっては、球体の月が細い弓形に
見えたりするようなものではないだろうか。

 

もっともっと深い事情があるかもしれないが、

たいした理由も無くて父親または祖父を訴えるという事は考え難くないだろうか。

訴えるにも大変な労力がいるのに、架空の事で訴えるなんて、できないと思う。

 

だから一方的に「ウソ」と責められている、

この男性の娘さん・孫娘さんが気の毒で、

記事のタイミングや書き方には、とても疑問を持ちます。

今回の賠償請求は、爺さんの反省不足だと思う。

 

そして2019年1月8日の請求棄却判決に、さらに大きな疑問の声が上がっているが‥‥、

事実を知った上で、一般論として発言されている人はわずかな様子。

どんな理由でも偽証はダメなのは十分解るが、自ら告白された孫娘さんの心情も理解して、

この件に関しての非難が鎮まる事を切に願います。

 

■ 強姦冤罪事件の損害賠償:判決速報と背景

 (ブログの中に、公判記録へのリンクもあります。)

■ naver まとめ(公判記録へのリンクがあるサイトや、法律知識も含めたまとめ)

 

*強姦被害は「うそ」が多いという見方が増えるのを喜ぶ人もある。

 

【追記】2019.1.22.

続報や、まとめが出たのでリンクを記します。本当に新聞だけでは何も解りません。

冤罪を防ぐ事は一番大切だが、やはり総合的な事実を考慮しないと、この件に国家賠償するのは腑に落ちない。

*朝日新聞デジタル(2019.1.5.)は、拘束日数に応じた刑事補償の2800万円は受領済みだと有料記事の部分に書いてある。

また有料記事には、複雑な背景がありそうかなという事も含まれるが、事情は理解できない。

多くの人に的外れな感情を起こさせるだけで、きちんと考える資料を示せないなら、報じないほうがマシ。

(*1)その後、下記のように相当深い内容がわかりました。

 

文春オンライン 2019.1.22(要約)

「強姦冤罪事件」が起きた背景には複雑すぎる家庭事情があった
被害者とされていた少女は、男性が再婚した妻の連れ子の娘
実際に性関係があったのは男性の再婚相手の連れ子A子(男性はA子の義父)。
被害者とされていたのは、A子の娘B子。つまり義理の孫です。
A子は母に訴えたものの、慰めどころか「あんたの顔なんか見たくない」と突き放された。
最終的にはA子が高校の教師に相談して、爺さんも隠しきれないと観念し、
親族の前で土下座して謝った。(*2)

A子が結婚してB子と兄が出来たが、DVから逃れるために離婚して、
旅館に住込みで就職したため、幼かったB子とB兄を実家に託した。

その後、再婚してA夫との間に子供が生まれ、落ち着いたのでB子B兄を引き取ろうとしたが(A夫と養子縁組した)、爺さんが20歳になるまではうちで育てると言って渡さなかった(爺さんと養子再縁組)。だからB子は爺の元で育った。

爺がそのまま大人しくしていれば良かったのに、B子にも痴漢行為をしたため、
B子が大伯母(A母の姉)に相談し、大伯母がA子に伝えたところA子が激怒した。
痴漢程度だったので爺は否定したが、周囲が信じずにA子の誘導的な問い詰めをして、
B子も肯定し、その内容で代弁的な証言をした。B子が成長して弁護士に告白し再審→無罪となった。
2019年1月8日に、国家賠償請求は棄却の判決。
(*2)爺さんは合意の上と言っているが、A姉は強姦と証言。
始めは無理矢理または、抵抗の間もないうちに実行という状態だったが、
扶養されているため、次第に諦めたというのが実情だろう。
また小学5年生の子に自分の母親への裏切り行為をさせるような事は、
先ず妻に対して夫として不誠実であり、義父の立場的にも、
大人として非常識で倫理観や思いやり欠如も甚だしい。

at 00:18, inking, ニュースに関して

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

大阪国際がんセンター 2

前回、と言っても約半年前ですが、大阪国際ガンセンターの外観と周辺環境を中心に書いたので、今回は内部を中心に続報を書いてみます。2018年春に、病院に近接する重粒子センターも動き始めて心強いです。

 

玄関

玄関

 

ホール

ロビー

 

エスカレーター

エスカレーターのある吹き抜けも広々しています。

 

2階

外来受付前

 

説明

PHS貸し出しでメール呼び出しサービスがあるらしい

(私は使わずに診察室前で待っていましたが、席を外していても良いようになってます)

 

返却

携帯の返却BOX

 

カフェ

カフェとコンビニがあり、他にレストランもあります。

 

会計

カフェ内部に診察待ちの状況が解る、ディスプレイがあります。

会計は以前からこういうディスプレイが使われていたが、

診察の進行状況が解るのは便利。

 

地下鉄

地下鉄「谷町4丁目駅」まで、地下通路が繋がっているので、

北方向へ帰る人はやや遠回りになるが、雨の日は濡れずに行けて助かるでしょう。

 

自分が最初に、大阪府立成人病センターに行って以来14年ですが、病院本体は老朽化して、隣に「健康増進センター」という用途不明瞭な新築ビル(後に閉鎖)のあった成人病センター時代から見ると、夢のようにスッキリした状態になりました。

また大阪城天守閣がそばにあるのが、やっぱり好きだなあ。

入院は嬉しい事ではないが、病室からは天守閣が見えるという、この建物とロケーションは患者を大いに助けてくれると思う。

 

大阪国際がんセンター 公式サイト

■ アクセス(PDF)

 

応援をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

at 08:53, inking, 病院,患者会,治療

comments(0), trackbacks(0), - -