<< 建物の命を想う−平野屋新田会所(大東市)危うし | main | アース >>
      

大阪府知事選挙

 大阪府知事選に行ってきました。少しでも社会が良くなる様にと気合いを入れて投票。かつてのタレント知事があまりにもお粗末だったので、(私は投票しなかったけど)タレント活動されている方はさけて投票した。それはその候補者の問題でなく、大阪人はまた首長にタレントを選ぶような、イージーな人ばかりだという定説が出来てしまいそうだから。でも投票のブースに行って、いかにタレントが有利か解る気がした。名前だけが並んで、しかも今回の様に全員無所属だと、全く候補者のイメージがわかず、良くメディアに登場している人の名前をふと書きそうになった。(イカンイカンと気を取り直したけど)
 気になっていた平野屋新田会所は、今週すっかり地上から姿を消してしまった、建てるのに何年かかったか解らないが、機械力に物をいわせて数日で多くの人の労苦と、大木を育てた自然の恵みを破壊するのだから、「縁無き衆生は度し難し」という言葉が浮かんでくる。もう少し何とかならなかったのかと検索していると、詳しい事情を書いたサイトがあった。本当に史跡として指定されるはずで、解体が迫っても仮指定をすることも検討されたそうなので、それがなぜ?と思うけれど、関係者の方は本当に努力されたんだしと、少しあきらめもついた。今回は国と市が中心だったようだけど府も無関係ではないはず。行政、本当にしっかりしてよ!
※参考サイト
土壇場でのいきさつについて
あったか連帯ウェブ
「平野屋新田会所を考える会」のコメント
平野屋新田会所は、なぜ破壊されねばならなかったのか!
最後の写真(撮影に感謝です)
Takeshi Masuda Photo Gallery

at 00:17, inking, 空間デザイン等

comments(1), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 00:17, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
古崎 勉, 2008/02/13 6:04 PM

 ブログの写真を拝見しました。解体現場を怒りを抑えてよく撮れていると思います。
 私も解体の期間、毎日、デジカメで撮影しましたが、自分のことのように胸が痛みました。
 これからも市内の文化財を残せるよう、がんばっていくつもりです。
 私のブログも御紹介いただき、ありがとうございます。










trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/9