<< NHKスペシャル「働き盛りのがん」 | main | 今年嬉しかったこと 2009 >>
 

-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

働き盛りのがん

 昨日のNHKスペシャル「働き盛りのがん」は、仲間がたくさん見てるだろうなあと、一人ではないと感じつつ見ていました。6回ものがん手術を乗り越えられた関原健夫氏をモデルにしたドラマと働き盛りのガン経験者の座談会を組み合わせた番組なのですが、出席者の方々のコメントもとても共感できたし、関口知宏さんをはじめとしてドラマの俳優さんもそれぞれ、自然な演技で良かったです(こういうテーマであまりオーバーな演技をするとしらけますものね)。
 病院で同室だった人に「見てる?」とメールすると「見てるよ〜」。皆同じことしてますね。働き盛りの人も様々な病気にかかる訳で、本当に考えさせられました。座談会に出席された方の会社の対応も様々で、誰しもガンでなくとも何かの病気にはかかるのに、冷たい対応をした人物は自分は定年までは絶対元気なの?としみじみ思いました。せめてちっぽけな島国、日本ぐらいは(やがては世界中が)皆が家族だというぐらいの度量をもって、病気の人を社会から締め出すような事はしないでほしいと強く思いました。
 ただ、1つの会社にそれを(病気の人への心ある処遇)実行せよと言うのは現実的には不可能ですから、公的な支えは重要でしょう。効率重視、能力主義は仕事本来の効率(生産性)を上げて、総合的に社会全体が幸せになるという理想像のための手段なのだ、という大きな気持ちを忘れてしまうと、競争そのものが目的化して、お互い何のための人生か解らなくなります。ある時期ある立場の時は幸せな役回りを得られても、予期せぬ事でレールを踏み外すと、深い谷へ落ちるという殺伐とした光景になる(多分にそうなっていますが)。
 病気になった時、大きな病院でもあまり医療以外のサポートは無い(あっても気づかない)のですが、わずかの手続きの差で傷病手当が受けられないままになったりするので、社会保障に対するサポートも受けれたらどんなに良いかと思います。傷病手当は退職したら受けられない(任意継続にしても)。と言う説明で引き下がった方、退職時に傷病手当を受け始めていたら、退職後も受給は継続できますので、ぜひ調べてみて下さいね。特に今、何日付けで退職予定とかになっている進行形の方、退職日前に傷病手当を受け始めていないといけないらしいです(会社の方は、これで自社の負担が増える訳ではないので、一寸タイミングに注意してあげてほしい)。

参考:全国健保協会
健康保険法 第104条 
(傷病手当金又は出産手当金の継続給付)
被保険者の資格を喪失した日(任意継続被保険者の資格を喪失した者にあっては、その資格を取得した日)の前日まで引き続き1年以上被保険者(任意継続被保険者又は共済組合の組合員である被保険者を除く。)であった者(第106条において「1年以上被保険者であった者」という。)であって、その資格を喪失した際に傷病手当金又は出産手当金の支給を受けているものは、被保険者として受けることができるはずであった期間、継続して同一の保険者からその給付を受けることができる。

JUGEMテーマ:がん全般


at 22:01, inking, 命・病気について

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 22:01, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/86