<< NHKスペシャル「がん 生と死の謎に挑む」 | main | 未来の食卓 >>
 

-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

がん代替療法の効果検証へ 厚労省研究班

 11月26日のニュースによると、厚生労働省研究班(分担研究者=大野智・東京女子医科大学准教授)は健康食品などを使った「がん代替療法」の有効性や安全性を科学的に検証する調査事業に乗り出すそうだ。代替療法が有効だったと推測される患者の症例データを全国の医療機関から収集して、将来、臨床試験などを実施する際の基礎データとして役立てるとのこと。
 がん患者の40〜50%が抗がん剤や手術など通常の治療法だけでなく、何らかの代替・補完療法(健康食品、鍼灸)を利用しているというが、有効性や安全性が十分に検証されているわけではない。このため、上記の研究班が2011年度までの予定で調査する。全国の医療機関の協力を得て症例のデータベースを作成し、効果が期待できると判断すれば将来的に臨床試験を実施して、より厳密に有効性や安全性を評価してゆく方針。(NIKKEI NET11月26日)
 大野准教授は「代替療法を利用しているがん患者のなかには、通常の医療を受けずに病状を悪化させているケースも少なくない。1つでも多くの代替療法を調べて正確な情報を発信したい」とのこと。(NHKニュース 11月26日)
 代替療法は高価な物も多いのに、頼りすぎて症状悪化の事態を招いていることもあるなんて、そんな…。調査の成果が現れるのはだいぶ先だし、ガンの治癒には精神面も含めて色々な要素が絡むから、一筋縄では行かないだろうが、やはり医師が客観的に調べてデーター化するのは大切な事だと思う。効果が認められるものについては、代替療法と言う言葉でなく、援用療法とか認定療法とか何かもっと良い名前をつけてほしいな。

 ただ私は退院後、抗がん剤もサプリメントも鍼灸もほとんどしていない(色々勧められて試してはみたけれど)。結局3年位、ゲルソン療法を元にした本を参考に、食事療法を自己流で行なった。最初あまり実行していなかった時期には転移や多重癌があったが、その後は自分にしてはかなり努力して、無事に過ごせたので効果はあったのではないかと思う。今はごく薄味だが、ほぼ普通の食事。
 でも私の周りでは、食事療法をしたのは私だけで、サプリメントなどもあまり採らずに、5年無事に過ごせた人が多い。その人の体質と、がん細胞の性質が一番結果を左右する元なのだろうが、それを見通しつつ経過をフォローする医師の力が非常に大きいと思う。
 私みたいに転移などがあっても、その都度治療して何とか結果はセーフということもあるのだが、転移の発見が遅れたり、手術で取り逃したりしていたらと思うと、本当にきわどい所で助けてもらったわけで、今日のように暖かな日差しを見たりすると、しみじみ感謝する。

JUGEMテーマ:がん全般

at 18:09, inking, 医療関連情報・病院

comments(2), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 18:09, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment
, 2009/11/28 1:42 AM

こんばんは。
私も初発から再発・転移までの10年間は代替・補完療法(健康食品、鍼灸)などは一切行いませんでした。

当時はがんに対しての関心も薄く、手術すれば治ると信じていました。でも現実は厳しく10年経過しての再発・転移です。最近になって代替・補完療法に縋る方々の気持ちが良く分るようになりました。
私が実践している代替・補完療法はヾ飮灰錺チン(AA連日注射)漢方薬(4種類)ビタミンC(400mmg/DAY)ですね。
代替・補完療法を行うに際して、最も自分自身に課している制限としてはヾ訴薬は漢方を習得された医師の下に保険適用の薬に限る事。高額なサプリメントには手を出さない。
などがあります。
それでも結構な金額になります。普通のサラリーマンの収入ではこれが限界です。もしかしたら、これ以外に毎月医療費もかかり、子供の教育費や住宅ローンを抱えていたら私の実践している代替・補完療法すらできないかも知れません。

代替・補完療法は費用対効果から見たら良くわからないことだらけですが、お金を無駄にしないためにも絶対に効くとの信念でトライする覚悟が必要ですね。

inking, 2009/11/28 3:57 PM

コメント有り難うございます。代替療法も大切な武器ですね。1つだけでなく、色々な療法やサプリメントと信念が重なって効果があると思います。丸山ワクチンの連日注射は本当に大変だと思います。CTや血液検査のための針を刺すのも嫌なinkingの応援では迫力ないかもしれませんが、これからは毎日、心の応援します!










trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/81