<< 子ども図書館 | main | 病気SNS >>
 

--------------------------------------------------------------------------------------
治療経過風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
--------------------------------------------------------------------------------------

中川昭一「日本が危ない」

 10月4日に中川元財務大臣が亡くなり、死因はまだ特定できず病理検査になると言う事だったけどどうだったんだろう。G7会議後の朦朧記者会見が元で辞任されたが、テレビの座談会の時など、とても解りやすく納得できる話をされていて印象的だったなあと思って検索してみたら、私が知らなかっただけで、立派な業績を残されていた。近所の書店が早速目立つ所に置いていた著書を読んでみて、内容への賛否は別として、本当に有能で気持ちの真っ直ぐな人だったんだなあと思う。
 G7では記者会見で恥を世界に晒してと非難されたが、本番の会議では、日本がIMFに1000億ドル(10兆円)相当のドルを融資したことで、IMF手持ちのドルは、1940億ドルから2940億ドルへ増加し、中小国や開発途上国の救済に充てられることになり、ストロスカーン専務理事は、日本の取組みを『人類の歴史上最大の貢献だ』と評価したという。このことについても、新聞では不自然なほど扱いが小さく、テレビのワイドショー等では記者会見への非難ゴウゴウで、会議自体の事に触れていないのは不思議だった。ところが世界ではさほど非難せず、取り上げていてもユーモアに包んでいる。恥とか形式にこだわる国民性と、何が何でも視聴率を取りたいテレビの姿勢が災いしたと思う。
 父の一郎氏から受け継いだ地盤で落選した事が、恐らくとてもショックだったのだろう。そこでポッキリ折れてしまったような気がする。長年連続して当選しているのだから、一度は苦労しても良いのではと言う意味で、別な候補に投票された方も有ると思う(私もそうしたかもしれない)。まだ若いのだから、しばらくは著作などに力を注いだりして、次の機会に復帰したら、彼も苦労したんだからと、古傷をつつくような事をする人が減って本来の力を発揮できただろうに、全く惜しい。アルコール依存症になりやすい人というのも、精神的な面だけでなく、そういう体質も有るだろう。そういう人にはきちんと病気としてのドクターストップがかかり、周囲の人も病気として理解しないと、こういう不幸を繰り返してしまう。
 問題の記者会見の前後も、もう自己管理ができない位、疲労が蓄積していたのではないだろうか。周囲が機転を利かせて、体調不良で欠席にするとか、本人も会見後にバチカンの観光に行ったりせず、医師の往診を頼んでホテルで休養するなりして、あくまでアルコールが主原因でない普通の体調不良として行動できなかったのだろうか。その後観光に行った事で、非常に記者会見と、それを注目している有権者を軽視しているように見えてしまう。また出張が有れば、当然のように公費で観光をする習慣なのだろうと思われる。普通なら許される範囲かもしれないが、この失態のすぐ後に行くとは、何とか切り抜けたと勘違いしていたとしか思えず、ご本人も周囲も判断力が鈍っていたようで、色々な意味で残念でならない。
 それにしても人の命ってつくづく解らない物だと思うし、一時的にでも生きる気力を失うと、本当にあっけないものだ。たぶん長年の飲酒や鎮痛剤などの常用に加えて、もうどうなってもいいやと思う位、心身共に疲れきっておられたと思う。ご自身のHPの最終記事は「十勝・日本が危ない」である。本当は自分の身体が危なかったのに、本当にお疲れさまでした。ご冥福を心からお祈りします。
 余談だけど、今年2月のG7で行動を共にしていた(この不祥事を防ぎ得たはすの)官僚は7月に昇格していた。なんだか空しい。

参考:中川昭一氏支援!世界賞賛の功績、自国日本では完全無視

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:中川昭一

at 02:04, inking, 疑問?!

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 02:04, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/69