-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------
 


いつも+


2004年から頭頸部がんで3回,
乳がんで1回入院し,
手術/放射線/抗がん剤の3大療法,
+後遺症で内視鏡手術を体験.
先輩患者のブログに感謝.
Hokusetsu-Navi
 
 
葉っぱの散歩道に感謝して
続:葉っぱのさんぽみち
葉っぱ

“葉っぱのさんぽみち”保存版
葉っぱバナー

Selected Entries
Categories
地球の名言
Links
日本最大の図書館検索サイト
がん対策情報センター
がん対策情報センター
 
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


9.11.歴史に残る、衝撃の日
 少しは暑さも和らぎ、しのぎやすくなってきました。これから冬になるまでの数ヶ月、空の色や紅葉をしみじみ楽しみたいものです。
 でも今日は9.11。2001年9月11日、この日から世界が全く違う次元に入っている事を知らされた。子供達がお母さん、ビルに飛行機が衝突してると知らせてくれた時、「また〜映画見てるんでしょ…」「違う本当!ニュース!」
 最初の瞬間は、フィクションであると、次はテロであると思っていたけれど、後の報道で大きな疑惑が有る事が解ってきた。ビル崩壊の直前に所有者が変わって、巨額の保険金が掛けられていたこと、少し離れたビルも崩壊したが、同じ所有者であったこと。様々な疑惑が報道されYou Tubeで見る事が出来る。その中の1つは事件そのものでなく、その背景を示していた。
 このような事を知ると、次から次へと世界が恐ろしくなるけれど、それはそれ、どんなに地球を支配し尽くしても、誰にも永遠の命は無いんだから。支配したい人にはそうさせて、身近な人々との良い関係を大切に、移る季節の美しさを楽しむベシだろうな。でもあまり、日本をアメリカの言いなりにはせず、ちょっとはガードしてほしい。民主党期待してます!

 参照:9.11の何ヶ月も前に、ロックフェラーがそれを予告していたと、アーロン ルッソ(ジャニス・ジョプリンをモデルとした映画『ローズ』のプロデューサー)が語っています。↓<続きを読む>をクリックして下さい。

2009.09.11 Friday * 15:20 | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.07.31 Friday * 15:20 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
<< 余命ゼロを生きる | main | エコナ >>