<< 余命ゼロを生きる | main | エコナ >>

9.11.歴史に残る、衝撃の日

 少しは暑さも和らぎ、しのぎやすくなってきました。これから冬になるまでの数ヶ月、空の色や紅葉をしみじみ楽しみたいものです。
 でも今日は9.11。2001年9月11日、この日から世界が全く違う次元に入っている事を知らされた。子供達がお母さん、ビルに飛行機が衝突してると知らせてくれた時、「また〜映画見てるんでしょ…」「違う本当!ニュース!」
 最初の瞬間は、フィクションであると、次はテロであると思っていたけれど、後の報道で大きな疑惑が有る事が解ってきた。ビル崩壊の直前に所有者が変わって、巨額の保険金が掛けられていたこと、少し離れたビルも崩壊したが、同じ所有者であったこと。様々な疑惑が報道されYou Tubeで見る事が出来る。その中の1つは事件そのものでなく、その背景を示していた。
 このような事を知ると、次から次へと世界が恐ろしくなるけれど、それはそれ、どんなに地球を支配し尽くしても、誰にも永遠の命は無いんだから。支配したい人にはそうさせて、身近な人々との良い関係を大切に、移る季節の美しさを楽しむベシだろうな。でもあまり、日本をアメリカの言いなりにはせず、ちょっとはガードしてほしい。民主党期待してます!

 参照:9.11の何ヶ月も前に、ロックフェラーがそれを予告していたと、アーロン ルッソ(ジャニス・ジョプリンをモデルとした映画『ローズ』のプロデューサー)が語っています。↓<続きを読む>をクリックして下さい。

at 15:20, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 15:20, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/66