<< 恵みのとき | main | 9.11.歴史に残る、衝撃の日 >>
      

余命ゼロを生きる

 きょう、本屋に金子みすゞの詩集を見たいなと思って寄ったら、なんと「顔の癌」と言う文字が目に飛び込んできた。「余命ゼロを生きる」佐藤由美著:WAVE出版。少し立ち読みすると、鼻にガーゼを詰めて…ウンウンこれつらかったな、とか自分の事と重なって、ドキドキして立ち読みでは読めない。もう運命だろうと思考停止してレジに持っていくと、これは病人か家族でないと買わないかもという、チト痛い金額。しかし運命なんだから仕方ない、著者への応援も必要だ。
書店を出ると、初めての退院時に病院の外に出た時の感覚がよみがえってきた。あ、こんな風景が当たり前なんだけど、何か自分と無関係な映画を観ているみたい。外の風景と自分との間に薄ーいベールがあるような感じ。立ち読みしている時、頭の中は病院の中にいたんだ。
帰りの電車はわざと各駅停車に座って、そのままほとんど読んでしまった。内容は、美容師の著者が、鼻の不調から始まってがんの宣告、治療、それまでの美容師としての人生、現在の心境などを淡々と綴ったもの。病状や治療法も詳しすぎない程度に書かれていて、大変バランスよくすっきりとした感じがする(これは病状の話に慣れているせいもあるかもしれないが)。自分が感じた事とすごく重なって、どうしてこんな本が、今、目の前に現れたんだろうと思う。
だけど!サブタイトルの「現役美容師、奇跡の物語」とか帯のキャッチフレーズ「大好きな仕事場で、最期まで働きたい」コレには考えさせられる。出版上の都合かもしれないけれど、映画『送り人』の舞台となった山形県…と言うのは関係ないと思うし、その映画の内容が死にまつわる事であるだけに、余命とか死が商売の種になっているような無神経さを感じる。もう感動の物語になってしまっているの?。こういう形(本)になっているから、私がこの方のすばらしい人柄を知る事が出来、本当に感謝するけれど、私としては4つの癌(どんな多重癌かと、これにもビックリしたのだが、転移などで4カ所)をかかえて、現役美容師を続けていることが「奇跡」という物語にはしてほしくない。現在まで治療に関して、色々なチャレンジはされているのだろうから、これ以上は書きにくいですが、、、『「余命ゼロを生きる」奇跡』ではなく、標準、先端、代替治療、または奇跡でも何でも良いから、心から回復をお祈りします。
 


◆佐藤由美さんの美容室"Hair&Make DEAR"に関する記事
 ※イチ・ゴカラー インストラクター グッチ ブログ

   必見!「余命ゼロを生きる」感動のシャンプー

 ※国際魅力学会会長・マダム路子のブログ (2016追記)

   余命ゼロ、癌宣告!美容師・佐藤由美さん」

 

 

JUGEMテーマ:がん全般

 

 

at 04:18, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 04:18, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/65