<< 終戦の日 | main | 私の多重がん体験 >>
 

-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

放射線治療の後遺症

ようやく8月が終わって、暑さもひと段落。

ちょうど15年前の今頃は最初の退院後で、職場復帰に向けて準備していた頃。

 

主治医は退院後は1月程度で普通の生活ができると言われたので、

専門学校の後期授業に向けて、授業計画などをしていたと思う。

 

その頃は放射線治療が終わったばかりで、後遺症の事などあまり考えてもいなかった。

ちゃんとがんが治癒できるかどうかだけが気がかりだった。

ただ、入院仲間の話では、「放射線は退院後の10年たっても効いているらしい」とのことだった。

 

骨がジーンとしびれている後遺症も、5年程度で治るだろうと思っていた。

ところがどっこい、その後転移や多重がんを経て、15年も経過したのに、

腫瘍が上顎洞にできていたので、左上顎(頰のほぼ中央部)にかけられた放射線の影響は一向に軽くならない。

それどころか、頭全体が重く鈍痛があった時より、範囲は少し狭まっているが、

痛みは強く感じる。

 

重症になったというより、ある意味治ってきてるのだろうが、頭部全体の鈍痛だったのが、

ああここに放射線をかけたのだなという、一点を中心に顔の半分ぐらいに痛みがある。

全体にぼやっと重痛い感じとどっちが良いかわからない。

 

もっとマシになってくれないかなと、思いながら、Blogを見直していたら、

特に自分を励ましてくれた記事をメニューのようにしたくなって、

あまりデザイン的には良くないが、記事の上部に入るようにした。

-------------------------------------------------------------------------------------
  病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳 
-------------------------------------------------------------------------------------

左の治療経過は、自分の病気に関しての記事だが、

その他は勇気付けられたブログやYoutubeへのリンクです。

 

他の方のブログに出会えて本当に良かった。

ただ実際に出会う事ができなかったのは、本当に残念だけれど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←応援お願いします。

 

 

at 00:20, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 00:20, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/180