<< ●美しい地球 | main |
 

大阪国際がんセンター 2

前回、と言っても約半年前ですが、大阪国際ガンセンターの外観と周辺環境を中心に書いたので、今回は内部を中心に続報を書いてみます。2018年春に、病院に近接する重粒子センターも動き始めて心強いです。

 

玄関

玄関

 

ホール

ロビー

 

エスカレーター

エスカレーターのある吹き抜けも広々しています。

 

2階

外来受付前

 

説明

PHS貸し出しでメール呼び出しサービスがあるらしい

(私は使わずに診察室前で待っていましたが、席を外していても良いようになってます)

 

返却

携帯の返却BOX

 

カフェ

カフェとコンビニがあり、他にレストランもあります。

 

会計

カフェ内部に診察待ちの状況が解る、ディスプレイがあります。

会計は以前からこういうディスプレイが使われていたが、

診察の進行状況が解るのは便利。

 

地下鉄

地下鉄「谷町4丁目駅」まで、地下通路が繋がっているので、

北方向へ帰る人はやや遠回りになるが、雨の日は濡れずに行けて助かるでしょう。

 

自分が最初に、大阪府立成人病センターに行って以来14年ですが、病院本体は老朽化して、隣に「健康増進センター」という用途不明瞭な新築ビル(後に閉鎖)のあった成人病センター時代から見ると、夢のようにスッキリした状態になりました。

また大阪城天守閣がそばにあるのが、やっぱり好きだなあ。

入院は嬉しい事ではないが、病室からは天守閣が見えるという、この建物とロケーションは患者を大いに助けてくれると思う。

 

大阪国際がんセンター 公式サイト

■ アクセス(PDF)

 

応援をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

at 08:53, inking, 治療経過の概略と病院

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 08:53, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/174