いつも+


頭頸部がん患者のためのサイト
「葉っぱのさんぽみち」と
ブログ「マイペースでいこう」に
感謝して・・・ 
続:葉っぱメモ
葉っぱ
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
地球の名言


presented by 地球の名言
北摂なび
Selected Entries
がん対策情報センター
がん対策情報センター
Categories
Links
Links
“葉っぱのさんぽみち”保存版葉っぱバナー

北摂の造園・自動灌水なら land care
  南大阪のガーデニングなら  ecoworks
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.12.24 Saturday * | - | - | -
2017年4月に大阪国際がんセンターがOPEN!

大阪府立がんセンターで、久しぶりの診察でした。最近後遺症の範囲が狭まった代わりにり、回復で敏感になったせいか、痛みやこわばりは強く感じていて、他の疲れがあったりする日は辛い。だけど、これは通常のことなので、診察室ではとりたてて言わないことが多く、「どうですか、変わりないですか?」「ハイ、特に変わりないです。」というやり取りをしてしまいます。頚部のリンパ節の腫れ具合もあまり変わらないのですが、必ず触診されます。そして、ファイバーで鼻の内部を見てもらいます。自分では見れないし、入院中に(まだ治療を始めたばかりの頃)、先生に見られますかといってもらったけど、チラと見ただけで、恐ろしくて「いえ、いいです。」と答えてしまった。いつも通り、会計をして帰るときに、ふと総合カウンターの方に、移転するんですよねと聞いてみました。そしたら、「建物は、もう出来てるんですよ。あと準備だけ!」となんだか嬉しそうな感じで、模型の置いてある場所を教えてもらいました(玄関と入院予約窓口の間)。チラシももらったので、できているなら帰り道だし、途中下車して見てみようと、寄り道しました。オオ!本当に建物は出来ている。各病室に自然光を取り入れるためか、ナースセンターから多数の病室を見通すためか、十字型を斜めに二つ並べたような、複雑な形になってます。2016年11月竣工、2017年4月開院予定。

新しく、新鮮な感じで「さあ病気をやっつけるぞ!」という気持ちにはなれそうです。なにしろ今の建物に初めて行ったときは、暗い感じにもショックを受けました。その後10年の間には、少しずつ改装されて、ああ営繕担当の方は頑張っておられるなあと思いましたが、全体の印象は「古びたグレー」から「ちょっと明るい目のグレー」に変わっただけ。

もう一回、旧い病院で診察予定ですが、2017年4月以降は新病院です。

航空写真

大阪国際がんセンターは大阪城天守閣が見える位置!

(これは入院患者には慰めになるね!)

断面図

大阪国際がんセンター断面図

新病院

大阪国際がんセンター北側外観

(設計:日本設計・施工:竹中工務店)

重粒子

大阪城公園側に、重粒子治療施設を建設中です(2018年竣工予定)

(設計:日建設計・施工:鹿島)

写真を撮ったりしていたので、警備のおじさんに、「そこは入られへんよ!。患者さん?病気?まだ開いてないよ、森之宮に行かんと。」から、「駅まで濡れずに行けるんやで〜」など、色々と話しかけられました。「最新鋭の病院やから、もうみんな大丈夫や!あっちの重粒子なんやらも凄いで!」と誇らし気。沖縄で問題発言した大阪府警の隣なので、これこそが大阪のおっちゃんや!沖縄で暴言したのは、ほんまに大阪人?と思いました。もちろんゼネコンの中年警備員と、大阪府警のヤング機動隊は違うわけですが・・。大阪人なら「僕らも仕事やねん。気持ちわかるけど、かんにんしてや。」てなことを言って欲しかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

2016.10.24 Monday * 10:17 | 医療関連の情報 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2016.12.24 Saturday * 10:17 | - | - | -









http://design-search.jugem.jp/trackback/169
<< 前頭洞嚢胞開放手術 | main | 水彩画家:永山裕子さんの作品と「黒い瞳」 >>