<< CT検査の結果、再び、まな板の鯉になった。 | main | 前頭洞嚢胞開放手術 >>
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

MRIの結果:嚢胞との診断

昨日は成人病センターに息子も付いて行ってくれた。ドキドキしながら主治医の説明を受けると、「嚢胞」という聞きなれないものだった。体液がたまって、それが骨を壊したりするって、普通は思いもしないことだが、おでこの裏側の骨がほとんどなくなっている部分がある(紙のような薄さ)。昨日まで、半分以上は大丈夫(悪性ではないだろう)とは思いながら、やはり最悪の事態もあり得ると気が重かったのは一応解消で、晴れ間が見えた。
でも1月にまた全身麻酔の手術を受けることになり、もともと年末の諸雑事がたまっているのに加えて、事前の検査などが加わって、気分は、ほぼ梅雨空のような状態。大雨ではなくてよかったではないか!と思うものの・・やはり梅雨空にもため息が出る。(認知症で理解できない親族数人から、あれこれ要求があるだろうし)

嚢胞を調べてみて、骨を破壊することもあると解った。
MEDLEY
---引用---
副鼻腔のう胞とは?
副鼻腔(顔の骨にある空洞)にのう胞が生じ、それが大きくなりながら骨を圧迫したり、壊したりする
以下のことが原因で起こる
感染などの炎症
外傷
手術
手術後発生するものが全体の2/3を占める
残りの1/3は原因不明
経過がゆっくりで、症状が出るのはだいぶ進行してからとなる
---引用終り---

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

JUGEMテーマ:がん全般

at 09:38, inking, 治療経過の概略と病院

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 09:38, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/166