-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------
 


いつも+


2004年から頭頸部がんで3回,
乳がんで1回入院し,
手術/放射線/抗がん剤の3大療法,
+後遺症で内視鏡手術を体験.
先輩患者のブログに感謝.
Hokusetsu-Navi
 
 
葉っぱの散歩道に感謝して
続:葉っぱのさんぽみち
葉っぱ

“葉っぱのさんぽみち”保存版
葉っぱバナー

Selected Entries
Categories
地球の名言
Links
日本最大の図書館検索サイト
がん対策情報センター
がん対策情報センター
 
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


国の守り方
安保法案が強行採決されてから、若者の法案反対活動が一気に盛んになった。スピーチも素晴らしいし、デモのスタイルも新鮮。ゲバ棒を持って声を張り上げてという事はしないが、きっちりと主張すべき事はしている。以下の動画は短時間に、ぎゅっと問題点を詰め込んであるので、できるだけ多くの方々にご覧いただきたい。
戸締り不十分論を安倍首相を説く。だが、戸締り強化というなら、原発の再稼動をしている場合じゃなく、まず廃炉と核シェルターを準備すべきだと思う。スイス100%:日本0.02%は、米国の核抑止力に全面依存している結果だ。従米路線を考え直そうというと、すぐ核武装論が出てくるが、スイスは準備していた核武装を、冷戦終結により取りやめて、核攻撃対策だけしている(冷静・現実的)。日本人が経済政策ばかりに気を取られているうちに、とんでもない所まで来ている。江戸時代以来、お上に従え、長い物には巻かれろということが根付きすぎて、国の支配層・米国に翻弄され続ける日本人。いい加減に目を覚まして、一から考え直そうよ。スイスは永世中立で国民皆兵+核シェルターを各住宅に備える。コスタリカは常設軍を保持しない。日本は誰もが応援を渋るようになった米国に従って、どこへでも助っ人として馳せ参じる・・それは、軍需産業の思う壺というだけの事では?

参考:【驚】世界の『核シェルター』事情が凄い-NAVERまとめ

 
2015.07.27 Monday * 00:32 | 独り言 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.07.31 Friday * 00:32 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
<< 診察日 | main | 猛暑の診察日でした >>