<< いたいの痛いのとんでいけ〜 ---西島祥子さんのこと--- | main | CT撮影何度目かな >>
 

日本国憲法の草案はメイドインジャパン

憲法記念日に色々な記事や、ドキュメンタリー風のドラマなどを目にしました。押し付けと考えておられる方は、本当に何の疑いもなく、それだけで拒否感があるとのこと。占領下だったから押し付けに決まってるし資料もあるという風に。けれどその前から日本側に民主的な憲法の草案があったことは、皇后陛下も2013年のお誕生日の際に、「五日市憲法」の事などをお話しに含めておられますし、少し調べると解ります。それぞれ違う側面の資料を根拠としていて、何が真実に近いのだろうと思っていたら、色々な資料を踏まえた、納得できる動画があったので、一人でも多くの方にご覧いただけらと思います。
 

日本国憲法の草案はメイドインジャパン(50分頃〜特に草案との関わりが解りやすい)


 

◆映画『日本の青空』ダイジェスト版動画:約30分 https://youtu.be/eO1DtOueucU
 

◆憲法9条が、誰の発案で、なぜ書かれたか、いかに合理的か、とても良く解ります。 
《平和憲法誕生の経緯、目的と意義、まとめ》 
「幣原喜重郎・・・・深謀遠慮の宰相」:小海キリスト教会牧師所感 

http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20130307/p1


《吉田元首相による回想》岩田行雄の憲法便り:日刊憲法新聞 
http://kenpouq.exblog.jp/20491858/​

◆【日本国憲法の誕生】(国立国会図書館)

http://www.ndl.go.jp/constitution/​

膨大な資料なので全部読む訳にはいきませんが、こういう資料があるという事を忘れないためにリンクします。

(転載等については、許可用のフォームから申し込む事) 
 

◆【日本国憲法について】(憲法に関する資料集サイト:リンク集など)
http://kenpou2010.web.fc2.com/index.html​


【ラウエル長官の報告書】

http://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/03/060shoshi.html​

【日本国憲法第9条にかける私の想い】
ベアテ・シロタ・ゴードンさんロングインタビュー

http://www.shinyawatanabe.net/atomicsunshine/BeateSirotaGordon/​

 

上記の資料で、終戦直後の首相の動きや考えも、幣原首相の談話記録や吉田首相の回想録などで知る事ができます。米軍側のラウエル長官の報告書にも、憲法研究会の草案が大変良いとの記述が残っています。結局、色々な資料を総合すると、日本・米国それぞれの案がミルフィーユのように何層にも重なって完成したような感じだと思います。また「映画『ラストサムライ』のように、プロデューサーは米国人だが、描いているのは日本人の心であり、日本人俳優の意見を充分取り入れて、見事に描ききった素晴らしい作品だ」こういう風に例えた方があり、私もそういう見方もできると思います。さらに、世界の先進的憲法のモデルであるとの考えもあり、私は今後も憲法の改正は、超慎重にという気持ちを大切したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

at 01:37, inking, 憲法・人権など

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 01:37, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/159