-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------
 


いつも+


2004年から頭頸部がんで3回,
乳がんで1回入院し,
手術/放射線/抗がん剤の3大療法,
+後遺症で内視鏡手術を体験.
先輩患者のブログに感謝.
Hokusetsu-Navi
 
 
葉っぱの散歩道に感謝して
続:葉っぱのさんぽみち
葉っぱ

“葉っぱのさんぽみち”保存版
葉っぱバナー

Selected Entries
Categories
地球の名言
Links
日本最大の図書館検索サイト
がん対策情報センター
がん対策情報センター
 
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


頭頸部がん患者にうれしい、3Dプリンターの形成手術活用
★3Dプリンター技術を駆使した、世界初の外科手術を受けたのは英ウェールズのスティーブン・パワー(Stephen Power)さん。
私も、手術なら左眼球を含む、顔面の半分近くを切除しないといけないと言われたのでとてもいいニュースだと思います。

■CTスキャンのモデルを3Dプリンターで作製
 治療を行ったのはウェールズ第2の都市スウォンジー(Swansea)にあるモリストン病院(Morriston Hospital)の医療チーム。
 チームは、パワーさんの頭蓋骨をCTスキャン。復元の目安としてCTスキャンから左右対称なパワーさんの頭蓋骨のモデルを製作し、そのモデルに合うようにガイドやプレートを作製した。パワーさんの頬骨はガイドに従って切断され、骨をその状態で支えるためにベルギーで作製されたチタン製のインプラントが用いられた。
AFP BBNews
 2014年03月13日 12:39 発信地:ロンドン/英国AFPBB New


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

 
2014.03.14 Friday * 12:08 | 医療関連情報・病院 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2020.07.31 Friday * 12:08 | - | - | -









<< ダイエー創業者、中内功氏の戦争体験 | main | 庭から金貨 >>