<< 「舌にデンボができましてん」舌がん治療絵日記 | main | 送り火騒動、批判はたやすいが… >>
 

-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

映画『100,000年後の安全』

『100,000年後の安全』(核廃棄物の処分場建設を追った映画)が、京都シネマで上映中です。もう、あまり日がありませんが、少しでも多くの方に御覧頂きたい映画だと思います。

原題は、『INTO ETERNITY』(永遠に)。

京都シネマHP http://www.kyotocinema.jp
        スケジュールページ
※上映時間は変更の可能性もありますので、直接お確かめ下さい。

なお7月15日(金)までは高槻セレクトシネマでも上映中です。
※最終上映は7月15日(金)のレイトショー(20:50〜22:05)。

映画『100,000年後の安全』


 核の廃棄物を永久地層の奥深くに埋め込んで10万年間保管する、フィンランドのオルキルオトに建設中の世界初の高レベル放射性廃棄物の処分場=オンカロ核廃棄物永久貯蔵所の建設を追ったドキュメンタリー。深さ約500メートルの花崗岩層の中に、放射性廃棄物を保管する計画で、10万年間(つまり半永久的に)、現状を保持するように設計されているらしいです。
 フィンランドは地層が安定しているため、このような処分場の建設が可能なのだそうですが、地球上にそんな危険な場所が、いくつも必要になるようなことは避けて欲しい。まして日本のような地震国で、もしこんな事をしたら大地震の際に何が起きるか解らないだろう。事実上、日本では完全な処理はできないのではないだろうか。そんな国で、原発を運転しているなんて、あきれてしまう。放射性物質の廃棄のことまで考えたらコストは高くなるはずで、どうしてこれを推進したのかは、謎。非常に予算の取れるプロジェクトだったということなのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

JUGEMテーマ:原発
 

at 15:22, inking, 本・音楽・映画など

comments(2), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 15:22, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment
よしみん, 2011/07/17 10:40 PM

ごぶさたです。この記事に全く関係のないコメント。

以下の内容のコメントがきました。

『抗がん成分4倍の健康食品「ハナビラタケ」のご紹介
突然ですが、私の実母も、昨年6月に乳がんが発覚し、まさか自分の母親ががんに罹るとは夢にも思っていませんでした。なんとかがんを克服できるものはないかと調べていたところ、「健康365」という雑誌に健康食品「ハナビラタケ」が、がんに非常に効くという記事が載っていたので、至急仕入れ、母に飲ませることにしました。
このハナビラタケに多量に含有するβ(1-3)グルカンが、がんが、増殖するために新しい血管を
作るのを阻害する作用(血管新生阻害作用)を持つことが、医学的に証明されており、がん学会で
報告もされております。また、免疫細胞が約70%集中する腸にもハナビラタケは、働きかけ免疫力を向上させる効果もあることも臨床データで確認されています。
話が前後しますが、昨年7月に手術は、無事成功し、その後もハナビラタケの服用は、継続して
もらっており、先達ての術後1年検査では、再発・転移ともになく、腫瘍マーカーも問題ありませんでした。
もし、このハナビラタケを「試してみよう」ということでしたら、手配させていただきますので、ご一報ください。(4ts3c5@bma.biglobe.ne.jp)
ガン患者の家族の一人としてお力になれればと存じます。 』

全く関わりたくない部分です。
信頼できるものですか?

inking, 2011/07/19 11:40 AM

 他の方のブログでも、全く同じコメントを見かけました。複数の患者のブログのコメント欄に、いきなり同じ文を書き込むと言う行動で、体験は事実かもしれないけれど、それをきっかけに、商売の方に関心が向かった方だと思います。乳がんの術後一年で(乳がんは他の癌より長期間要注意)、不特定多数の人の注文の手配なんて、している場合ではないのではと逆に心配になります。
 素人の立場でも少しでも癌の事を調べたら、部位も違い、どんな細胞のタイプかも解らず、他の病歴、現在の体調などのデーターも解らない人に、何かを勧めるなんて、怖くて出来ないです。相手のブログの内容も、がんだということ以上は、読んでいないことも明らかで、ブログ村の登録によって、数打ちゃ当たると機械的な作業をしているようで悲しくなります。私はサプリメント等のスパムコメントが多くなるので、登録を病気系にせず、来ても公開せず次は拒否する設定にしています。
 主治医にサプリメントについて相談すると、「抗がん剤をしている時期には絶対やめてほしい。全く逆効果になる事があるので(ブレーキをかけているのに、アクセルを踏むようなことになる場合もある)。」と、とても困った表情で言われました。退院後も、がんや免疫力への効能を主にしているサプリメントの服用は、見えないがん細胞に対して、どう作用するか未知の部分もあるという覚悟が必要だと思います。
 私は退院後は医師から処方された薬はなかったので、自分で体調回復に良さそうかなと思う、ビタミン系のサプリメントを1〜2種飲んでいました。効果の程は不明ですが、一応体に良い事をしているという、安心感はありました。その意味では、慎重に調べた上で、信頼できそうと思われるサプリメントを、試してみるのも良いかなと思います。










trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/122