いつも+


頭頸部がん患者のためのサイト
「葉っぱのさんぽみち」と
ブログ「マイペースでいこう」に
感謝して・・・ 
Hokusetsu-Navi
北摂なび
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

地球の名言



presented by 地球の名言
Selected Entries
がん対策情報センター
がん対策情報センター
Categories
Links
Links
続:葉っぱのさんぽみち葉っぱ
“葉っぱのさんぽみち”保存版葉っぱバナー

Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


「舌にデンボができましてん」舌がん治療絵日記
 主な仕事先が高槻にあるので、地元のブログランキングを時々見るのですが、先日、とても印象的なブログに出会いました。タイトルは、「舌にデンボができましてん」舌がん治療絵日記
 始まりは2009年9月からだそうです。カテゴリー別に分れていて、『手術入院編』から、始まります。各カテゴリーは、原則的に古い記述から順に進みますが、最近の更新だけは、新しいものが上に来ます。(ブログの右側欄にある「この『絵日記』の見方」を参照)
 私は少しだけ部位が違う(副鼻腔)のですが、絵ならではの表現力に感心し、良くぞ書いて下さったものだと思いました。舌がんの方なら必見!!(話題としては辛いけど、作者のユーモアに救われます。)

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックの応援を、お願いします。
JUGEMテーマ:がん全般
2011.06.16 Thursday * 22:01 | 心に残る人・Blog | comments(5) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.06.16 Friday * 22:01 | - | - | -
舌癌の記事で検索してここを見つけました。参考になりました。ありがとう。
| きらり | 2011/06/22 9:06 AM |
きらりさん、コメントありがとうございます。ブログ拝見しました。自分自身の、まだ手術後の日が浅かった頃の事を思い出します。年、月、単位の日にち薬できっと良くなりますよ〜。忙しい時には気付かなかった、いろんな事に出会えるように思います。
| inking | 2011/06/22 11:01 PM |
コメントありがとうございます。私もリンクさせていただきました。これからよろしくお願いします。
| きらり | 2011/06/23 10:09 AM |
inkingさま。
 早々に変更いただきありがとうございました。
 『闘病記』にしなかったのは、こだわりが
 あったもので。どうしても譲れない部分でした。
 リンクしていただきながら、わがままを言い
 申し訳ありませんでした。感謝いたします。
 今後とも、よろしくお願いいたします。
|  『舌デンボ』よしみん | 2011/06/27 6:23 PM |
突然ですが、私の実母も、昨年6月に乳がんが発覚し、まさか自分の母親ががんに罹るとは夢にも思っていませんでした。なんとかがんを克服できるものはないかと調べていたところ、「健康365」という雑誌に健康食品「ハナビラタケ」が、がんに非常に効くという記事が載っていたので、至急仕入れ、母に飲ませることにしました。
このハナビラタケに多量に含有するβ(1-3)グルカンが、がんが、増殖するために新しい血管を
作るのを阻害する作用(血管新生阻害作用)を持つことが、医学的に証明されており、がん学会で
報告もされております。また、免疫細胞が約70%集中する腸にもハナビラタケは、働きかけ免疫力を向上させる効果もあることも臨床データで確認されています。
話が前後しますが、昨年7月に手術は、無事成功し、その後もハナビラタケの服用は、継続して
もらっており、先達ての術後1年検査では、再発・転移ともになく、腫瘍マーカーも問題ありませんでした。
もし、このハナビラタケを「試してみよう」ということでしたら、手配させていただきますので、ご一報ください。(4ts3c5@bma.biglobe.ne.jp)
ガン患者の家族の一人としてお力になれればと存じます。
| リトルパイン | 2011/07/19 4:05 PM |









http://design-search.jugem.jp/trackback/120
がん免疫療法
がん免疫療法の情報
| がん免疫療法 | 2011/12/20 10:42 AM |
<< 希望!「魔法の遺伝子」の発見 | main | 映画『100,000年後の安全』 >>