-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------
 


いつも+


2004年から頭頸部がんで3回,
乳がんで1回入院し,
手術/放射線/抗がん剤の3大療法,
+後遺症で内視鏡手術を体験.
先輩患者のブログに感謝.
Hokusetsu-Navi
 
 
葉っぱの散歩道に感謝して
続:葉っぱのさんぽみち
葉っぱ

“葉っぱのさんぽみち”保存版
葉っぱバナー

Selected Entries
Categories
地球の名言
Links
日本最大の図書館検索サイト
がん対策情報センター
がん対策情報センター
 
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


新年
 新年の朝日はやはり格別ですね。陽光を見ると、『ではまた明日』の「朝起きた。生きていた。全世界に感謝した。」と言う言葉を思い出します。
 脳幹部グリオーマ(脳腫瘍の一種)で、18才で夭折した西田英史君の日記をもとにした本です。
 受験勉強に励み、友人との関係を反省したり、家事の手伝いなどにも気を配ったり、そして何よりも病気に前向きに立ち向かって、日記の締めくくりはいつも、『ではまた明日』でした。

『ではまた明日』西田 英史 (著), 西田 裕三 (編),草思社刊



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援を、お願いします。
JUGEMテーマ:読書


2011.01.01 Saturday * 12:14 | 本・音楽・映画など | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.07.31 Friday * 12:14 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
<< CT撮影 | main | がん小学校卒業近し >>