<< CT撮影 | main | がん小学校卒業近し >>
 

-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

新年

 新年の朝日はやはり格別ですね。陽光を見ると、『ではまた明日』の「朝起きた。生きていた。全世界に感謝した。」と言う言葉を思い出します。
 脳幹部グリオーマ(脳腫瘍の一種)で、18才で夭折した西田英史君の日記をもとにした本です。
 受験勉強に励み、友人との関係を反省したり、家事の手伝いなどにも気を配ったり、そして何よりも病気に前向きに立ち向かって、日記の締めくくりはいつも、『ではまた明日』でした。

『ではまた明日』西田 英史 (著), 西田 裕三 (編),草思社刊



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援を、お願いします。
JUGEMテーマ:読書


at 12:14, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

スポンサーサイト

at 12:14, スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

comment









trackback
url:http://design-search.jugem.jp/trackback/109