スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

●美しい地球

地球の様々な様子を俯瞰した動画を見つけて、時々フルスクリーンで見ています。
こんなにも美しい地球。互いに血を流す事に繋がる争いは、何としても避けるようにしてほしい。
※この動画といくつかの記事を、自分が見直しやすいように上に表示しています。

*新しい記事>>>『2017年4月に大阪国際がんセンターがOPEN

*『治療経過の概略』(がんの検索で来てくださった方へ) 
 

保存保存

at 12:24, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

ペルセウルス座流星群

星が綺麗になってきましたね。毎年ペルセウルス座流星群が8月中旬過ぎに見えているらしいです。
今年の見頃は、ちょうど13日〜14日未明だったようです。
ちょっとピークを見逃したのですが、まだ天候によっては観察できそうなので、見てみたい。
ブログランキング・にほんブログ村へ

at 18:44, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

国の守り方

安保法案が強行採決されてから、若者の法案反対活動が一気に盛んになった。スピーチも素晴らしいし、デモのスタイルも新鮮。ゲバ棒を持って声を張り上げてという事はしないが、きっちりと主張すべき事はしている。以下の動画は短時間に、ぎゅっと問題点を詰め込んであるので、できるだけ多くの方々にご覧いただきたい。
戸締り不十分論を安倍首相を説く。だが、戸締り強化というなら、原発の再稼動をしている場合じゃなく、まず廃炉と核シェルターを準備すべきだと思う。スイス100%:日本0.02%は、米国の核抑止力に全面依存している結果だ。従米路線を考え直そうというと、すぐ核武装論が出てくるが、スイスは準備していた核武装を、冷戦終結により取りやめて、核攻撃対策だけしている(冷静・現実的)。日本人が経済政策ばかりに気を取られているうちに、とんでもない所まで来ている。江戸時代以来、お上に従え、長い物には巻かれろということが根付きすぎて、国の支配層・米国に翻弄され続ける日本人。いい加減に目を覚まして、一から考え直そうよ。スイスは永世中立で国民皆兵+核シェルターを各住宅に備える。コスタリカは常設軍を保持しない。日本は誰もが応援を渋るようになった米国に従って、どこへでも助っ人として馳せ参じる・・それは、軍需産業の思う壺というだけの事では?

参考:【驚】世界の『核シェルター』事情が凄い-NAVERまとめ

 

at 00:32, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

石原知事の天罰発言に?そして『原発がどんなものか知って欲しい』

 3月11日の地震発生以来、次々と大変な事態が報道されています。被災地の皆様に心からお見舞いを申し上げます。犠牲になられた方々の、ご冥福をお祈りします。

 以下のサイトは、原発で長年働かれた技術者、故 平井憲夫氏の書かれた、現場の声です。少しでも多くの方に読んて頂きたいと思います。(筆者は原発反対論者ではありません)
『原発がどんなものか知ってほしい。』
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

 また災難の只中で、このニュースの石原都知事の発言はあまりにも酷過ぎた。もう陳謝されたのだが、その時にまた「言葉が足りなかかった」というおまけをつけたので、「言葉」ではなく「思慮」が足りなかったと言いたくなった。元々、一応「被災地の方は気の毒」と前置が入っていたのだが、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と結論づけて、カルト教団の教祖のような発言だった。地震は日本の宿命とも言えるが、あまりに甚大な、今回の天災(天罰でなく)に対して、首都の知事の口からこんな言葉が出るとは…しかもこれを「期に」ならまだ分かるけど「利用」して云々という発言はもっと変。この混乱のさなかに救援策を考えるのでなく、単なるご隠居さんのぼやきみたいなことを言っている場合だろうか。
 ただ、もし原発事故に対して『我欲に対する天罰』発言されたのなら、いくらか意味のある議論の発端となったかもしれないと思う。原発事故に関しては、石原知事は何と言われるのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックの応援を、お願いします。

JUGEMテーマ:原発

at 13:57, inking, 独り言

comments(2), trackbacks(0), - -

成人式

明日の成人式のため息子が帰省しました。
今は住民票は現住所の仙台にあるのですが、
こちらの市役所に問い合わせると、
誰でも参加可能(出身中学別に席を設けている)とのことで、
同窓会気分で行くようです。

終戦後まもなく埼玉県蕨市で始まったという成人式。
当初はすごく真剣な行事だったと思いますが、
近年は荒れる成人式も多いみたいで、悲しいですね。
マナー面では緩みすぎ、一皮むけば現実は厳しく、
若者が目的を見失いがちな世相が反映しているんでしょうね。

同窓会的に楽しみにして帰省する人間を受け入れてくれる、
わが市の成人式(制約がある自治体もあるようです)、
どうぞ無事に済んで、良い思い出となりますように。
そして新たな気持ちをもって、
これからの人生を切り開いて行ってほしい。

5年前娘の成人式は、転移でリンパ節廓清の入院直後で、
本人が平服でという市役所からの案内文を単純に信じて、
普段着で行ってしまった…ゴメンネ。
着物でなくてもせめてスーツで行けば良かったと、
苦笑いの娘、おおらかな性格で良かった。
同じく馬鹿正直だったのは、もう一人(男子)だけだったとか。
まあ、晴れ着でご来場下さいとは書けないものね。
落ち着いてから、私の娘時代の振り袖で写真だけ撮りました。

JUGEMテーマ:がん全般


at 22:17, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

ちあきなおみ

 病気になる前は、子育てや仕事に忙しくて、趣味はすっかりお預け状態だったのですが、この5年間はとても音楽に助けられました。「ちあきなおみ」もすっかりファンに。そして2005年にNHKで放送された「歌伝説 ちあきなおみの世界」を聞き逃したことを悔しがっていたくせに、先週の再放送も知らないうちに終わってしまいました。でも、もう1つあるぞと言う訳で、明日の夜こそは、「ちあきなおみの世界」に浸ろうと思っています。今年はデビュー40年目に当たるのだそうですが、最愛のご主人が亡くなられた後は、芸能活動は全くされていないとか。あまりにも惜し過ぎる。

参照:NHK 「BS丸ごと大全集 ちあきなおみ」BS2で
      11月21日(土)午後9時から10時59分まで

YouTubeにはたくさん画像がアップされていて、どれもしみじみ上手いのですが、恋や女の情感を歌ったものでない反戦のこの歌もとても良いです。ちあきさんには歌のジャンルなんか問題じゃないんですね。「さとうきび畑」

JUGEMテーマ:がん全般

at 23:10, inking, 独り言

comments(2), trackbacks(0), - -

9.11.歴史に残る、衝撃の日

 少しは暑さも和らぎ、しのぎやすくなってきました。これから冬になるまでの数ヶ月、空の色や紅葉をしみじみ楽しみたいものです。
 でも今日は9.11。2001年9月11日、この日から世界が全く違う次元に入っている事を知らされた。子供達がお母さん、ビルに飛行機が衝突してると知らせてくれた時、「また〜映画見てるんでしょ…」「違う本当!ニュース!」
 最初の瞬間は、フィクションであると、次はテロであると思っていたけれど、後の報道で大きな疑惑が有る事が解ってきた。ビル崩壊の直前に所有者が変わって、巨額の保険金が掛けられていたこと、少し離れたビルも崩壊したが、同じ所有者であったこと。様々な疑惑が報道されYou Tubeで見る事が出来る。その中の1つは事件そのものでなく、その背景を示していた。
 このような事を知ると、次から次へと世界が恐ろしくなるけれど、それはそれ、どんなに地球を支配し尽くしても、誰にも永遠の命は無いんだから。支配したい人にはそうさせて、身近な人々との良い関係を大切に、移る季節の美しさを楽しむベシだろうな。でもあまり、日本をアメリカの言いなりにはせず、ちょっとはガードしてほしい。民主党期待してます!

 参照:9.11の何ヶ月も前に、ロックフェラーがそれを予告していたと、アーロン ルッソ(ジャニス・ジョプリンをモデルとした映画『ローズ』のプロデューサー)が語っています。↓<続きを読む>をクリックして下さい。

at 15:20, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

天満橋、桜月夜

  清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしきー与謝野晶子

水上バス

 町を歩く人が一番いい顔をしているのは、お花見シーズンだろうか。大川沿いの桜が見事だった。天満橋周辺の風景を見ていると、確かに水の都だと思う。大阪市の幹部が退職する時に、「私の在職中の唯一の失敗は、川を埋め立てて高速道路にした事だった」と話したと新聞で読んだ事がある。唯一と言っても、その失敗大きすぎるやん!

at 15:38, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(1), - -

NAKUBA観てきました

 NAKUBA観にいかなくば!終ってしまうということで、行ってきました。神戸アートセンタービレッジは木曜日がサービスデーで入場料1000円、とても得した気分。
 この映画も「ヒロシマナガサキ」と同じように、関係者の証言を次々と繋ぎ合わせるような形式なので、普通の映画やドキュメンタリー番組のような感じとは勝手が違う。けれどもこの短い映像や、スライドのように挟み込まれた静止画を見ていると、なんだか本当に人間の根源的なエゴ『もうどうしようもない、我々人間って』ということを考えさせられる。虐殺された遺体の埋まった海岸で、余暇を楽しむ人々。荒れ果てて廃墟となった村を訪れる元の住民。だんだん酷くなる抵抗と弾圧。1つの土地を巡って2つの民族が争い続ける。ここは元々私達の物だったと、そして殺戮の連鎖。
 たとえ血は流していなくとも、世界中で同じ類の争いを延々と続けている。先を争って、市場経済と言う武器で奪い合う、ささやかに穏やかに生きる権利。人を平穏な村から追い払い、さらに悪い事にその貴重な土地を何の活用もせずに放置、何の恨みがあるのだ、それぞれの村人に。一人の個人なら出来ない事を、各自の属する集団(民族、国家、企業)という盾があれば、平気でやってのける人間。そんな人間の荒涼とした心を見せつけられた。
 問題の発端は宗教だけれど、これが解決できる人間になれるような宗教でなければ、それは何の意味も無い、迷信のようなものだと言ったら一種の暴言かもしれないが、本当に狂おしいほど強い土地への愛着、また殺戮によって生まれてしまった恨みを、あえて横において言えば、ひたむきすぎる宗教心を利用して、誰かが仕組んだルールの無い流血のチェスであり、この終わりの無い戦いをやめるには、もはや生身の駒である一人一人が、明日の平和の為に過去の恨みを忘れ、宗教の捉え直しによって心を洗い清めることしかないのではないかと思える。
 神が与えたもうた約束の地、そして生きる糧を得る為に土地が無ければ、生存自体も脅かされる、それも解るが、そこを越えて、この地上に限られた時間しか存在できない人間が、こんな無駄な事をしていてはダメだ!不利益をや迫害を受ける側は、それを乗り越えることで、利益や支配を手中にする側よりも尊い存在になる。人間は身体的な進化は遂げ、科学技術という知的発展をしたけれど、この先は絶対に心の進化を遂げなければいけない。そうでなければ自分が発達させた技術や武器の誤用で、滅びてしまうと思う。


NAKUBA予告編

JUGEMテーマ:アート・デザイン


at 02:43, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(0), - -

アース

 ドキュメンタリー映画の「アース」を見た。
登場する生き物が全て愛らしい。上空からトナカイの群れ等を撮影しているのが、とても見応えがあった。地球温暖化のせいで、氷が弱く、食料を取り損ねて、このままでは2030年にはホッキョクグマが絶滅するらしい。
「今ならまだ間に合う」という言葉が印象的だった。オーロラも見れた。見て良かったー。

日本公式サイト
http://earth.gyao.jp/

映画の最後で、「loveearth.com」という文字が現れますが、
以下がそのサイトです。

LOVE earthプロジェクト(映画関連サイト)
http://www.loveearth.com/jp/
LOVE earthプロジェクトとは?
http://www.loveearth.com/jp/readingroom/essays/loveearthproject/
LOVE earthプロジェクト(映画特設ページ)
http://www.loveearth.com/jp/film/

予告編(試聴できない場合があります)


JUGEMテーマ:アート・デザイン


at 02:21, inking, 独り言

comments(0), trackbacks(1), - -