-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

がん小学校卒業近し

 先週、大阪府立成人病センターの診察に行ってから、もう一週間。このところ4ヶ月に一回になっていた経過観察。12月に撮ったCTの結果と触診、ファイバースコープを使った診察で、結果はOKでした。2004年春から2005年5月までの間に3回入退院した中、1月は転移による頚部のリンパ廓清手術のための入院だったので、頭頸部癌に関しては1月が節目です。次は半年後の予約になり、曜日も変わる(多分長期経過患者の診察日か)というのが、なんとなく嬉しい。
 帰りに森ノ宮の地下鉄入口で、大阪城公園側の方に回ってみると、大阪城の天守閣が見えました。今までは同じところを通っていても、気分にゆとりがなくて遠回りしたことがなかったので、一度も気が付きませんでした。入院中は、春に大阪城公園の桜を見ようねというのが、合言葉だった…。気持ちにゆとりができたことや、やっぱり大阪人だからか、天守閣、誇らしげでいいものだなとしばらく眺めていました。今年の春を、一応私のがん小学校卒業だとしたら、どうぞ中・高・大学と無事に卒業していけますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

JUGEMテーマ:がん全般

  

at 18:20, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

成人病センターにコンビニ&カフェ出現!

 木曜日に、久しぶりに大阪府立成人病センターの診察に行くと、昨年末にできたコンビニに加えて、カフェが出来ていて驚いた。両店とも、あまり健康食品とかには関心を払っていない、フツーのお店だったのは、ちと残念だけど以前は地下に小さな売店があるだけだったので、これなら入院生活ももっと過ごしやすかっただろうに。ついでに地下の食堂はどうなったのか見に行ったら、スペース配分を変えて、インターネットコーナーが出来ていた(ポロっと配線が出ているだけで、PCは自前という形式)。出来ることから一歩づつ改善(涙ぐましい…)という感じ。
 家に帰って娘に話すと、あ〜あの頃あったら、お母さんきっと「入り浸っていたやろね」、そしてコンビニで先生に、また「ソレご自身が召し上がるんですか!?ご自身が!?」って、目を丸くされたりして。これは私が、売店で硬い目の「おかき」を買っているのを目撃した副主治医(研修中の先生)の、驚きの言葉だったのです。研修ノートに「Iさん、手術後◯◯日目、著しい回復」とか記入されていたかも。

喫茶

売店

建物が少しでも明るく綺麗になると、嬉しいものですね。


 診察結果は、「綺麗ですよ」という嬉しーい言葉。帰りに血液などの採取をして、年末にCTを撮って、次は来年の診察です。

at 19:37, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

診察日

 今日は一日良く降りましたね。4ヶ月ぶりの診察日で、森ノ宮の大阪府立成人病センターへ行きました。特に問題なし。次回の予約が8月のお盆あけです。待っている間に、「口腔、中咽頭がん患者会」のレポートファイルを見ました。患者会の活動報告の外に、舌ガンの患者さんの図解入りの詳しいレポートもありました。これは舌ガンの人にはとても有り難いに違いない力作。成人病センターには、この外に「成喉会」があって、食道または電気咽頭での発声訓練を患者同士で行なったり、「がんを知って歩む会」というがん患者と家族の勉強会が開かれています。自分は参加しなくても、こういう会があって、いざとなれば参加する事も出来ると思うと、何だか心強かったです。
 最後の退院が2005年の今頃なので、帰りに当時の病棟の看護師長さんに、5年経過のお礼を言いに行きました。前記の会は患者同士の会となっていますが、この看護師さんが、たいてい参加され連絡役の協力もされているそうです。「頼りにされるとね〜ボランティアでね」と苦笑いされていました。入院中、良く発声訓練の声が聞こえていて、頭頸部は発声や発音の訓練で、患者の相互協力が盛んだなあと思っていましたが、看護師さんも縁の下で支えておられるから、続くのでしょうね。私自身は副鼻腔がんだったので、発声や発音には一応問題がなかったのですが、入院当初はどこへ転移するかもしれないと心配もありましたし、皆さんが頑張っておられる姿に力づけられました。先生方、看護師さん、患者仲間に感謝です。

JUGEMテーマ:がん全般

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中、よろしければクリックお願いします。

at 23:23, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

今年嬉しかったこと 2009

 いよいよ、今年もあと数時間。今年嬉しかった事は年末の乳がんの診察で、先生から「あなたの場合は、次の診察日の予約は要りません。変わった事があったらすぐ来て下さい。」と言われたこと。その時は一瞬キョトンとしてしまった。乳がんは5年でなく、10年以上の観察が必要と聞いていたから、当分は覚悟していたので。これで血液検査、レントゲンを診察前に受けておく事からも解放される。まだ左の目や上顎部、首の痛みもあり、耳鼻科の診察は定期的に必要なので、成人病センターには通い続けないといけないが、気分は軽くなった。最初この病院に来た時には、殺風景な建物に気持ちを押しつぶされそうで、数ヶ月おきに入退院していた頃は、こんな日が迎えられるなんて望み薄いと思っていた。先輩患者で、先生や看護士さんへの挨拶に病棟を訪ねて来られている方がまぶしかった。ガンは本当に色々な事を教えてくれた。帰ってからゆっくり見た新聞には、ガンと眼科の希望のある記事が載っていた。

 《がん患者の遺伝子を調べ、薬が効くかどうか事前に判定することが一部の抗がん剤で可能になってきた。効果が見込まれる人を選べば、不必要な副作用に苦しむ患者を減らし、医療費の抑制も期待できる。−朝日新聞2009年12月25日[医を創る]より》
 《「患者を生きる 角膜移植」で紹介した代替角膜は、口の中の粘膜細胞を採取し、栄養細胞(フィーダー細胞)とともに培養してシートを作り、角膜上皮の代わりに移植する。「拒絶反応の起こりやすい上皮部分に自分の細胞を使うので、リスクが少ない。粘膜細胞は角膜と全く同じではないが、透明性を取り戻し、目を保護するという役割は十分に果たす」と東北大の西田幸二教授は話す。[患者を生きる]
 だんだん、医学も進歩しているんだ。現在闘病中でも、経過観察中でも、少しでも前向きに生き続ける事で、安全側に近づいてゆく。来年も毎日を丁寧に歩んでゆこうと思う。

JUGEMテーマ:がん全般


at 21:54, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

今日はCT検査

 検査の前に乳がんで入院時に知り合った方と待ち合わせて、久しぶりに(2年ぶりくらい)ちょっとおしゃべり。

 

CT後のコーヒー&ケーキもとてもおいしかった。

at 02:19, , 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -