-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

                             

診察日

成人病センターの診察日。PETに写っていた影(光)の正体は判らずだけど、CTで異常がなかったので、8月にまた診察することになった。主治医だけが自分の再発を気にかけてくれている事が、やはり嬉しい。家族(主人)は、「もう治ってる」などと、退院1年目から言っていたし、自分自身も後遺症が10年以上続くとは思っていなかった。どうも疲れがたまると首のリンパ節が腫れるようだ。腫れがなくなりはしないが、大きくなったり小さくなったりで、いつもそこが触診のポイント。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。
 

at 23:31, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

CT撮影何度目かな

今日はCT撮影、もう何度目だろう。10回ぐらいはしていそうな気がする。1年に1回は少なくとも受けているから。
PETで元の患部が光っていたということで(画像を見せてもらった)、CTの結果によっては生検も行うという。たぶん大丈夫だろうとは思うものの、ちょっと気がかり。帰りに、体全体の調子が悪いわけではないが、顎の骨の鈍痛が少し強くなってきて困った。この鈍痛は、痛み自体はさほど強くなくても、頭部なので気分的な影響が大きい。結果は来週の診察で聞く予定。
最後の退院後に、初めて見た道端の花が、とても美しかったのを思い出して、本屋に寄ったら、「スキマの植物図鑑」という本があって、買ってしまった。
 
JUGEMテーマ:がん全般

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

at 02:59, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

成人病センターの診察日でした

12日は大阪府立成人病センターの診察日。最初の入院から10年、3度目の退院からも9年、もう何度通ったのだろうと思う。診察は、いつも通り鼻にファイバースコープを入れて診察してもらう。いつもは異常がないが、今回は炎症とかで、抗生剤を処方しますとの事だった。内服薬を飲まないといけないのは、退院後は初めて。ジェニナック錠。感染症に効能のあるお薬らしい。

今までなかった事なので、ちょっと気がかり。まあ、再発等ではないので、いいとしましょう。

待合室で、いつも通り頭頸部癌患者会のファイルを読んで、会を継続して下さっている事に改めて感謝した。
もっと自分の生活にゆとりができて、また参加するように出来るといいのだけれど。

at 01:00, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

検査結果はセーフ

 成人病センターに検査結果を聞きに行ったのは、今週の初めでしたが、同じ時期に父の住まいの引越しが重なったため、もう何が何だか解らないうちに過ぎた1週間でした。結果を聞くまでは、やっぱり色々と不安が蘇って、入退院を繰り返していた時の気持ちを復習しているような状態でした。まだ頸部のリンパ節は少し腫れているのですが、「生検は陰性でした」と聞いた時は、ホントにほっとしました。CTも特に問題はないらしいのですが、まだ腫れがすっかり収まってはいないので、少し早めに次の予約を入れましょうという事で、95%ぐらい安心し、5%保留という感じです。ここ一年、身内に何かと思いがけない出来事が連続して、もう降参!って感じでしたが、それでも検査結果がセーフなら、何があろうと天国だと思いました。
 帰りは先日撮った花がどうなってるかなと、裏の方に回って見ると、まだ咲いてはいましたが、さすがに少し元気が無くなって、別のコーナーの花が、雨に濡れながら可憐に咲いていました。この庭は成人病センターの庭というより、隣の「大阪府立健康科学センター(ゲンキープ)」の庭のようですが、仕切りもなく敷地は一体化しています。

花

 入院中はこの庭に気づくゆとりはなくて、まだ通院間隔が短かった頃も、専らゲンキープの喫茶コーナーだけを利用していました。入院患者が病室から長時間いなくなると困るし、看護師さん自身も忙しすぎて、この庭のことは、教えてくれないようです。多額の予算をかけていた、天下り用の建物の恩恵かと思うと、ため息が出ますが、貴重な庭です。

※2012年4月より「大阪府立健康科学センター(ゲンキープ)」と、「大阪がん予防検診センター」は、「大阪がん循環器病予防センター」として統合されたとのことで、真新しいゲンキープは閉鎖して、空家になっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。クリックの応援を、お願いします。


JUGEMテーマ:がん全般


at 05:10, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

久しぶりに大阪府立成人病センターへ

 7月の診察以来、久しぶりに成人病センター耳鼻科で診察を受けました。廓清していない側の頸部のリンパ節が腫れてきたからです。この一年間、驚くほど色々なことが起きて忙しかったし、歯科の治療をしているからかも知れないのですが、左側の頸部は転移して廓清手術を受けているので、正直心配になりました。エコーを撮ってもらって、生検のためにリンパ液の採取と血液検査を受けて、CTの予約を入れました。帰りに、いつも通らない裏側から出ると、庭に奇麗な花が咲いていました。入院中は全くここに来なかったなあ、もったいない事をしたと思いました。

花

中庭


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。クリックの応援を、お願いします。


JUGEMテーマ:がん全般

at 17:59, inking, 治療経過の概略

comments(4), trackbacks(0), - -