-------------------------------------------------------------------------------------------
病院,患者会,治療風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
-------------------------------------------------------------------------------------------
 


いつも+


2004年から頭頸部がんで3回,
乳がんで1回入院し,
手術/放射線/抗がん剤の3大療法,
+後遺症で内視鏡手術を体験.
先輩患者のブログに感謝.
Hokusetsu-Navi
 
 
葉っぱの散歩道に感謝して
続:葉っぱのさんぽみち
葉っぱ

“葉っぱのさんぽみち”保存版
葉っぱバナー

Selected Entries
Categories
地球の名言
Links
日本最大の図書館検索サイト
がん対策情報センター
がん対策情報センター
 
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


葉っぱのさんぽみち、復活準備中
 葉っぱのさんぽみちのアーカーブが、年明けからしばらく見る事が出来なくなっていました。今は復旧されてだいぶ見やすくなったのですが、いつまで現状維持できるかは解らないので、ブログとサイトの一部だけでも保存できるよう準備中です。

 今はアーカイブにリンクをしています。バナーをクリックして下さいね。左側の楕円のバナーが、作成中のブログ「続:葉っぱメモ」へのリンクです。

 アーカイブに入ると、ちゃんとページが残っていますが、携帯からは辿りにくいので入院中の方に見て頂けるよう下記に少しピックアップします。
《葉っぱメモ》Blog 
《入院の知恵》

 葉っぱさんの情報網があまりにも行き届いていたので、新たに同様の物を作るより本来は復活したいのですが、それは偶然にも別な方が同じドメインを取得してしまわれていた事と、ご自宅にまとまったバックアップがなかったため無理でした。アーカイブも今は割合奇麗に見えているので一安心なのですが、次のような目的で新たに「続:葉っぱメモ」というブログとして、ご遺族の了解を得て継承させて頂く事になりました。

保存の目的
(1)今後患者になられる方のために、検索にかかるようにしたい。
(2)いつまで保存されているかは確証がないので、特に有用な情報は記録しておきたい。
(3)旧情報ばかりになって有用性が低下してしまう事を防ぎたい。

 ゆっくりペースですが、何もしないで嘆いているより良いだろうと言う事で、コツコツ継続していこうと思っています。

---記事下のPRは全く無関係です。m(__)m---
2010.03.30 Tuesday * 23:42 | 葉っぱのさんぽみち | comments(2) | trackbacks(0)
「葉っぱのさんぽみち」に再会

  頭頸部癌患者のオアシスだったサイト「葉っぱの散歩道」が消えたと嘆いていたら、娘に世界中のサイトを保管しているところがあると教えてもらいました。そのサイト<インターネットアーカイブ>に完全ではないが、大体保存されていた。これはすばらしい。保存は問題あると考える人もあるかもしれないが、Web上に出す以上誰に見られても良いものだという公開資料だから、バックアップされているのは良い事だと思う(どうしても避けたいなら拒否の方法もあるだろう)。問題点よりも今回のように作成者が事故にあったりして、その人自身が人生のステージから去ってしまった時も、とても残念ではあるけれど、足跡は長く残り、共感する人がこれをたどる事は出来るということが有り難い。忘れない限り、心は一緒に居る事が出来る。記録はその道しるべとなります。

 保存ページ一覧
(月別になっているので、掲示板等も一部は遡れます。)
http://web.archive.org/web/*/http://leaf.sunnyday.jp

※2010年に入ってからは、上手くアクセスできない事もあるようですが、日によってはOKだったりして、見れるとやはり何か心和みます。
アクセス数で重要度を判断しているのかも知れないので、時々見たほうが良いようです。
葉っぱさんのブログ:「葉っぱメモ」もレイアウトは変わっていますが保存有り。

 下記のアドレスは「葉っぱのさんぽみち」の1部分で、これはまだ普通にアクセスする事が出来ます。

 小さな本箱 http://treehouse.blog.drecom.jp/
 旧掲示板 http://www2.ezbbs.net/33/happa0407/

 改めて読んでみると、どうやってこの情報を集めたのかとため息の出るほど、患者にとっては宝の山状態だった。その上、掲示板での回答がとてもすばらしく、爽やかな人柄がにじみ出ていて、話題はどうやったってシリアスなのに、ちょっと笑ってしまうところもあるほど、ユーモアもあります。本当に一度お目にかかりたかったと思う。
 いつまでここに保存されているかは解らないので、リンク等は写させていただいて、葉っぱさんの蒔いて下さった種を、少しでも残してゆきたいと思います。

 念のために、それぞれのサイトのアドレスも写しておきますので、上記アドレスでうまくいかない場合は、一度インターネットアーカイブへ行ってから、検索欄に葉っぱのさんぽみちのアドレスを入れて<Take me back>のボタンを押して下さい。(http://はあらかじめ入っています)
インターネットアーカイブ  http://www.archive.org/index.php
葉っぱのさんぽみち http://leaf.sunnyday.jp/
葉っぱメモ     http://happablog.leaf.sunnyday.jp/
 
JUGEMテーマ:がん全般

 
2009.07.16 Thursday * 09:52 | 葉っぱのさんぽみち | comments(0) | -
葉っぱのさんぽみち

  ふと「葉っぱのさんぽみち」を久しぶりに見ようとしたら、アクセスできなくなっていた。入退院を繰り返していた頃、あの内容豊富な、可愛いデザインのサイトに助けられたのに、残念。「葉っぱのさんぽみち」は頭頸部癌に関して、患者の立場の体験的な闘病経過、入院前後の生活の知恵がとても親切で、気持ちの上でも、実用面でも大いに助けていただいたが、それだけでなく専門的な医学情報や参考になる書籍、豊富なリンク等で構成された大変貴重なサイトだった。管理人の葉っぱさんが水難事故でお亡くなりになった後も、長く見る事が出来たので安心していたから、見れなくなると本当に寂しい。葉っぱさんは頭頸部癌患者のMLとしてENTORALの開設もされているので、今春MLに入会したけれど、「葉っぱのさんぽみち」は今でも時々訪ねてみたい。そんな心温まるサイトだった。大感謝、いつまでも忘れない。

 

*'09/03/26日にENTORALに入会している。

2009.07.11 Saturday * 23:46 | 葉っぱのさんぽみち | comments(0) | trackbacks(0)
マイペースでいこう
 2009年6月15日たいこさんのブログが閉じられました。14日に最後のコメントを記入した時、これっきりになるのは寂しいと思って文章を手元に残しておきました。いつも自然体で病気に向かっておられた、たいこさん。本当にありがとう。あなたがブログを通じて示して下さったことを決して忘れません。ブログの本文は消えてしまったけれど、残しておいたコメントだけでもここに転記して「マイペースでいこう」を、「いのち」と向き合うためのメッセージとして残したいと思います。

「いよいよお別れなのですね。手術や放射線の後遺症がつらい時、診断結果が気にかかる時、いつもここを訪ねて、大きな力を頂いてきました。これからも新たに同じ境遇になる方もあるかと考えると、riraさんと同じように、惜しむ気持ちが尽きません。でも、一見淡々とした言葉が、渾身の記述だったと思うと、今は涙無しでは見る事も出来ず、ご遺族のお気持ち、お察しします。別れがあるからこそ、心に深く残る。そう思って、たいこさんがここに記して下さった、経過記録、日々の想いなどを私の心に刻んでおこうと思います。本当に有り難うございました。」

2009.06.17 Wednesday * 02:10 | 葉っぱのさんぽみち | comments(0) | trackbacks(0)
葉っぱのさんぽみち

 葉っぱさんが水難事故に遭われた事を知った。頭頸部癌に関するサイトを運営されて、皆を励まして下さった葉っぱさん。入院準備から最新医学情報まで、「葉っぱのさんぽみち」は至れり尽くせりのサイトだった。
 葉っぱさん有難う。病気からは折角ちゃんと回復されて精力的に活動されていたのに、多くの人に頼りにされていたのに、何という運命のいたずら…。私も頭頸部の手術を受けているので、手術した周辺部分は動きにくい。葉っぱさんも海の中で潮流とか、急に何か変化が起きたとしたら、対処できなかったのかもしれない。やはり完全な健康体とはいえないのかも…。信じられないことだけれど、ご冥福を祈ります。

 ニュース記事によると、《20日午後2時15分ごろ、沖縄県宮古島市伊良部佐和田の「中の島ビーチ」で、女性がおぼれているのに観光客が気付き、ライフセーバーに連絡した。女性は砂浜から約30メートル、深さ約4メートルの海中から救助され、病院に運ばれたが、死亡が確認された。水死とみられる。宮古島署によると、女性は横浜市在住、夫や子どもと海水浴に来ており、シュノーケルを使って泳いでいたという。(日刊スポーツ)》

2007.08.27 Monday * 21:28 | 葉っぱのさんぽみち | comments(0) | trackbacks(0)


| 1/2Pages | >>