いつも+


頭頸部がん患者のためのサイト
「葉っぱのさんぽみち」と
ブログ「マイペースでいこう」に
感謝して・・・ 
続:葉っぱメモ
葉っぱ
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
地球の名言


presented by 地球の名言
北摂なび
Selected Entries
がん対策情報センター
がん対策情報センター
Categories
Links
Links
“葉っぱのさんぽみち”保存版葉っぱバナー

北摂の造園・自動灌水なら land care
  南大阪のガーデニングなら  ecoworks
Archives
Recent Comments
Recent Trackback
Profile
Others
Mobile
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.12.24 Saturday * | - | - | -
2017年4月に大阪国際がんセンターがOPEN!

大阪府立がんセンターで、久しぶりの診察でした。最近後遺症の範囲が狭まった代わりにり、回復で敏感になったせいか、痛みやこわばりは強く感じていて、他の疲れがあったりする日は辛い。だけど、これは通常のことなので、診察室ではとりたてて言わないことが多く、「どうですか、変わりないですか?」「ハイ、特に変わりないです。」というやり取りをしてしまいます。頚部のリンパ節の腫れ具合もあまり変わらないのですが、必ず触診されます。そして、ファイバーで鼻の内部を見てもらいます。自分では見れないし、入院中に(まだ治療を始めたばかりの頃)、先生に見られますかといってもらったけど、チラと見ただけで、恐ろしくて「いえ、いいです。」と答えてしまった。いつも通り、会計をして帰るときに、ふと総合カウンターの方に、移転するんですよねと聞いてみました。そしたら、「建物は、もう出来てるんですよ。あと準備だけ!」となんだか嬉しそうな感じで、模型の置いてある場所を教えてもらいました(玄関と入院予約窓口の間)。チラシももらったので、できているなら帰り道だし、途中下車して見てみようと、寄り道しました。オオ!本当に建物は出来ている。各病室に自然光を取り入れるためか、ナースセンターから多数の病室を見通すためか、十字型を斜めに二つ並べたような、複雑な形になってます。2016年11月竣工、2017年4月開院予定。

新しく、新鮮な感じで「さあ病気をやっつけるぞ!」という気持ちにはなれそうです。なにしろ今の建物に初めて行ったときは、暗い感じにもショックを受けました。その後10年の間には、少しずつ改装されて、ああ営繕担当の方は頑張っておられるなあと思いましたが、全体の印象は「古びたグレー」から「ちょっと明るい目のグレー」に変わっただけ。

もう一回、旧い病院で診察予定ですが、2017年4月以降は新病院です。

航空写真

大阪国際がんセンターは大阪城天守閣が見える位置!

(これは入院患者には慰めになるね!)

断面図

大阪国際がんセンター断面図

新病院

大阪国際がんセンター北側外観

(設計:日本設計・施工:竹中工務店)

重粒子

大阪城公園側に、重粒子治療施設を建設中です(2018年竣工予定)

(設計:日建設計・施工:鹿島)

写真を撮ったりしていたので、警備のおじさんに、「そこは入られへんよ!。患者さん?病気?まだ開いてないよ、森之宮に行かんと。」から、「駅まで濡れずに行けるんやで〜」など、色々と話しかけられました。「最新鋭の病院やから、もうみんな大丈夫や!あっちの重粒子なんやらも凄いで!」と誇らし気。沖縄で問題発言した大阪府警の隣なので、これこそが大阪のおっちゃんや!沖縄で暴言したのは、ほんまに大阪人?と思いました。もちろんゼネコンの中年警備員と、大阪府警のヤング機動隊は違うわけですが・・。大阪人なら「僕らも仕事やねん。気持ちわかるけど、かんにんしてや。」てなことを言って欲しかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

2016.10.24 Monday * 10:17 | 医療関連の情報 | comments(0) | trackbacks(0)
頭頸部がん患者にうれしい、3Dプリンターの形成手術活用
★3Dプリンター技術を駆使した、世界初の外科手術を受けたのは英ウェールズのスティーブン・パワー(Stephen Power)さん。
私も、手術なら左眼球を含む、顔面の半分近くを切除しないといけないと言われたのでとてもいいニュースだと思います。

■CTスキャンのモデルを3Dプリンターで作製
 治療を行ったのはウェールズ第2の都市スウォンジー(Swansea)にあるモリストン病院(Morriston Hospital)の医療チーム。
 チームは、パワーさんの頭蓋骨をCTスキャン。復元の目安としてCTスキャンから左右対称なパワーさんの頭蓋骨のモデルを製作し、そのモデルに合うようにガイドやプレートを作製した。パワーさんの頬骨はガイドに従って切断され、骨をその状態で支えるためにベルギーで作製されたチタン製のインプラントが用いられた。
AFP BBNews
 2014年03月13日 12:39 発信地:ロンドン/英国AFPBB New


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

 
2014.03.14 Friday * 12:08 | 医療関連の情報 | comments(0) | -
「がんサバイバーの時代」がきた?
NHK Eテレで全5回のがん関連特集を組んでいる。

放送日は毎週月曜から木曜の午後8時〜8時29分、
再放送は翌週午後1時5分〜1時34分

1970年代までは30%だった5年生存率が、今は50%を超えるという。
同じ病気でも、かかった時期によって運命が違う。
もっともっと生存率が向上しますように。

NHK「ハートネットTV」
9月特集シリーズ「"がんサバイバー"の時代」

今日、頭頸部がん患者会のメールがあるまで知らなかったので、4回まで終わってしまったけれど、再放送も含めてあと視聴チャンスが3回ある。また再々放送して欲しいと思う。

第1回 自分らしく今を生きる
2013年9月2日(月)再放送9月9日(月)

第2回 がんを抱えて“働く”
2013年9月3日(火)再放送9月10日(火)

第3回 どう人生を締めくくるのか
2013年9月4日(水)再放送9月11日(水)

第4回 反響編
2013年9月23日(月)
これからの放送 再放送9月30日(月)

第5回 反響編
2013年9月24日(火)再放送10月1日(火)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。


JUGEMテーマ:がん全般


2013.09.23 Monday * 21:29 | 医療関連の情報 | comments(0) | trackbacks(0)
明日は衆院選投票日
 明日12月16日(日)は、衆院選投票日ですが、ちょうど「頭頸部がん患者会」と重なります。なんと奇しくも、この患者会で、今回体験談をお話して下さるのが「がん対策基本法」を成立させた、故山本孝史議員の奥様です。もっともっと長生きして、こんな方に日本の政治の中枢で活躍して頂きたかったです。以下、患者会の案内と、山本孝史議員関連のリンクです。

《頭頸部がん患者会のお知らせ》
体験談と勉強会を行います。「体験談」は初めてご遺族の方をお呼びしてお話を伺います。
 がん対策基本法の成立に尽力された後、亡くなられた故参議院議員山本孝史のご夫人の回想録です。
ぜひ皆様に聞いていただきたいと思います。
 「勉強会」の方は、大阪に27人しか居ないという「がん看護専門認定看護師」から、皆さんへのアドバイスをお話していただきます。
 当会でもその後転移・再発などで、多くの方が亡くなられています。私達も事前の注意が必要です。
これを機会に勉強しておきたいと思います。

日時 12月16日(日)  午後1時〜3時
場所 大阪府立成人病センター 病棟6階 会議室
内容 ①体験談(故参議院議員山本孝史夫人)
   ②勉強会「がん看護専門看護師から頭頸部がんの患者さんへのアドバイス」
参加費 無料(通信費も不要です)

【参照サイト】
山本孝史ホームページ
山本孝史を失った大阪
(「(大阪は)本当に、惜しい人を無くした。彼に比べれば、橋下徹なる人物は“政治ごっこ”をしているだけ」というのはズバリだと思います。)

「あの国会議員を覚えていますか」




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。


JUGEMテーマ:がん全般


2012.12.15 Saturday * 22:46 | 医療関連の情報 | comments(0) | trackbacks(0)
こどもホスピス
 建て替え中の淀川キリスト教病院に、こどもホスピスが出来るとのニュース。
淀川キリスト教病院、なんだか頼りになります。こんな病院があって良かった。

【参考】「こどもホスピス」大阪に初開設 朝日新聞

※追記
 がんや先天異常などの難病の子たちに、治療を受けつつ学びや遊びを楽しんでもらう日本初の「こどもホスピス病院」を、大阪市東淀川区の淀川キリスト教病院(椋棒(むくぼう)正昌総長、657床)が今秋、開設する。

 ホスピスは、がんなどの末期患者が穏やかな終末を迎える場だが、同病院が手本とする欧米の施設は、子どもと家族が休み、楽しむ場。難病の子だけでなく、介護する親たちにも手を差し伸べたいという。

 開設するこどもホスピスは12床。4人部屋に相当する約30平方メートルを個室にし、家族やペットも一緒に宿泊できる。授業を受ける「がっこう」や、遊具などがある「おそと」を設け、保育士や遊びの専門家の配置を検討している。

 長期入院も可能だが、自宅で暮らす難病の子が数日間訪れる利用を主にする。介護する家族の重い負担を軽減できる。費用は、通常の治療費や入院費のみ。

(2012年6月4日 読売新聞)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。


JUGEMテーマ:がん全般
2012.03.12 Monday * 14:53 | 医療関連の情報 | comments(2) | trackbacks(0)
口腔・咽頭がん患者会のホームページ
 「口腔・咽頭がん患者会」(大阪府立成人病センター内)の事務局と約半年前に打合せしてから、何かと個人的な用事が増えてしまい、なかなか形にならなかったホームページの土台がようやくできました(簡単に作成できるサービスJimdoを利用して)。まだまだ内容が入っていないのですが、一応ホッとしました。



 それにしても、このところブログに大型の画像広告が入ってビックリしています。
その上に今度は動画だって(@e@)…広告なのか記事なのか…解りにくい〜「未来へのキオク」。
で、調べてみると、実は良いことなのでした。もう少し説明も付けておいて欲しかったな。と何度かクリックしていると、今度は一般の文字広告になりました。何回か見ると、告知済みとなるようですね。

未来へのキオクとは?
震災で、写真、動画という形の多くのキオクが失われました。
一度なくした思い出も、みんなで力を合わせればきっと取り戻せる。
その思いを可能にする場所が、ここ「未来へのキオク」です。

個人の思いや願いが込められた募集テーマに、
インターネット上のたくさんの人が写真や動画の投稿で応えていくしくみ。
募集がなくても、自分が残したい思い出があれば投稿できるしくみ。
キオクを未来へとつなげるために、みんなで作っていくこのしくみを用意しました。
あなたのキオクが、だれかの未来の支えになるかもしれない。
ひとりでも多くの方のご参加を、お待ちしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。
JUGEMテーマ:がん全般


2011.09.08 Thursday * 19:27 | 医療関連の情報 | comments(4) | trackbacks(0)
医療とお金に関わる制度
 今年の確定申告期間が過ぎましたね。厳守しないといけないと思って、慌てて税務署に駆けつけたり、郵送したりしたことがありました。受付期間は2月16日から3月15日までですが、還付の請求はそれを過ぎても受付けてもらえるとか、アーァ慌てなくて良かったんだ。(還付申告は課税対象期間の翌年から5年後まで申告可能)

 高額医療費は、私が入院していた頃は一旦支払って後日返還してもらう面倒な物でしたが、今は改善されて事前手続によって、窓口で支払わなくても良くなったようです。そうなって欲しいと思ってましたが…実際そういう制度改善もできる、やれば出来るんダヨネ。これは病院でも割合ちゃんと説明してくれるようですが、傷病手当金や障害年金については、医療機関では説明してくれません。入院中に病院の相談室へ行った事があるのですが、資料のコピーは渡してもらったものの、こちらの予備知識も無さ過ぎ、またそれ以上のサポートは無いので活用できませんでした。
 病気になって、治療を受けるだけで精一杯の時、他の事を考えている余裕が無かったりしますが、税金の還付、傷病手当金や障害年金、医療保険や共済など、自分で調べて手続きをしておかないと、もらえるはずのお金を逃してしまったりします。こういう手続きはかなり条件が込み入っていて、見落としや勘違いもあります。専門家に相談するという手もありますし、インターネット上にも情報が多くなってきて有り難いと思います。(本音は家族がしてくれたらなあ…ですが、我家の場合は自分でした方がスムース)
 あまり知識の無い私ですが、「ちょっと他の方も注意して下さいね」と思った事をメモしておきます。

【MEMO】素人のメモなので、諸条件などはご確認ください。
確定申告:1月から12月までの間に、本人または家族(生計を一にする親族)が支払った医療費が、10万円を越える人は、確定申告をすれば税金の還付が受けられる。

傷病手当:退職するまで1年以上継続して健康保険の被保険者であり、健康保険の資格を喪失する際に傷病手当金を受けている場合(あるいは受けることができた者)は、資格喪失後も法定の期間(傷病手当金の支給開始日から1年6か月まで)満了まで、継続給付を受けることができる(その間勤務していた会社に負担がかかるわけではなく、健保組合から支給されるので遠慮は無用)。

障害年金:厚生年金には3級があるので、該当する人が案外ある(がんの治療中と言う場合も含めて)。国民年金は2級からで、その分条件が厳しい。名前は似ているが行政の福祉サービスとしての身体障害者手帳はまた別の制度で基準も違う。

【参考になったサイト】
はじめての身体障害者手帳(障害年金についても詳細です):
http://www.geocities.jp/sakura_first_syougai/
木本社会保険労務士事務所:http://www.shougai.com/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中、よろしければクリックお願いします。


JUGEMテーマ:がん全般
2010.03.16 Tuesday * 01:41 | 医療関連の情報 | comments(0) | trackbacks(0)
がん患者、闘いの家計簿
 1月16日に闘いを終えられた金子明美さんの生活や活動を中心に、がん治療と家計の問題をとり上げたドキュメンタリー、「がん患者、闘いの家計簿」が札幌テレビ放送で再放送されます。

2010年3月6日深夜2時55分〜3時40分。
(あと数時間なのですが、関西では見る事が出来ないようなので、検索して動画のあるサイトを見つけました。見て良かったです。言葉になりません。)

参照:動画のあるサイト
TV小僧「NNNドキュメント がん患者、闘いの家計簿」

※念のため、VeohにあるTV小僧と同じ動画も埋め込んでおきます。
(読み込みに時間がかかるので、ページの最後にしています。)

 本当に良い活動=生き方を、残された事に頭が下がります。霊魂が不滅かどうか知る由もありませんが、真心や志と言う意味の「魂」はその影響を受けた者がいる限り消えないと思います。
 この方のブログ「最後まで諦めない がんと共に」にも励まされましたが、このドキュメンタリーの内容を偶然小耳にはさんで、障害年金についてのヒントを得て大変助かりました。北海道で飛ばして下さったタンポポの綿毛が、関西まで届いたのです。
 書籍化されて、岩波書店の本の紹介ページで数ページを読む事が出来ます。涙が止まりません。
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0224990/






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中、よろしければクリックお願いします。

JUGEMテーマ:がん全般
2010.03.05 Friday * 22:26 | 医療関連の情報 | comments(2) | trackbacks(0)
NHKスペシャル「がん 生と死の謎に挑む」
 日曜日の「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む 」再放送は、テレビの前に陣取ってメモを片手に、しっかり見ました。癌経験者のくせに医学的な知識・情報には疎い私、この番組には教えられました。制作スタッフの方に感謝です(3Dの図解も効果大)。

 なぜ人はガンになるのか?ガン細胞とは何か?治癒の道はあるのか?

 1971年ニクソン大統領の「ガン戦争宣言」で、非常に多くの抗がん剤(制がん剤)が開発された。しかし現在でも効果の認められるガンは数少なく、転移ガンには数ヶ月程度の延命効果しかないという。
 M.I.T.のワインバーグ教授によると、「ガンになる理由は研究によって解明されてきたが、ではどうしたらガンを治せるかと言う点では、あまり進歩していない。」教授は「生きていることそのものがガンを生むことだ」と言う。細胞のコピーミスがガン細胞を生むのだが、ミスが起きないのが奇跡なのだという。
 その理由は、離れた点と点の間を遠隔操作の様に走る遺伝子の情報信号のやりとり。RAS(がん遺伝子)が異常を起こすと「増える」という情報が暴走し増殖する。がん遺伝子は膨大な数があって、全体像をひとりの人(研究者)が捉えるのは不可能だそうだ。「分子標的薬」がこのパスウェイ(RAS)の異常信号を抑えようとした。しかしRASは1つの経路がダメなら、違う相手を探して活動する。こうして分子標的薬は効果を失い、ガンは薬への対策を次々と生み出して、増殖する。
 ガン遺伝子の研究者、グレッグサマンサ博士によると「HIF-1(ヒフワン)という遺伝子は、生命の進化の過程で生まれ、低酸素でも生存力を持ち、移動する能力がある。」これがガンの浸潤となるという。「ガンは低酸素に順応する必要があり、このHIF-1の働きでガン細胞が放射線や抗がん剤でも生き残れる強力な細胞になる。」するとこのHIF-1を取り除ければ、転移が防げるのではないか?そこで今度はランデルハンス教授の元を尋ねる。しかし胎児の細胞からHIF-1を除くと、胎児は体を形成する事が出来ずに死んでしまう。これは酸素を必要とする生物が進化の過程で獲得した遺伝子でもあった。教授は「HIF-1は海と陸を行き来した動物には極めて重要なもので、進化の中でもずっと保存されてきたと考えられる。」という。3万年前の恐竜の骨にもガンの病巣の跡がある。なるほど、どんな生物にもできるのだ。彼らの発ガンの原因って何だろう、体が大きすぎるとか、環境変化に対するストレス?

 しかし体には「免疫力があるのだから移動先で、そう容易にガン細胞は生きられないのでは?」とも考えられる。そこでポラード教授のもとを尋ねて、免疫システムの担い手であるマクロファージの働きを聞く。なんと教授が発見したのは、マクロファージがガン細胞を手助けしているという意外なことだった。裏切り者マクロファージ?。しかし、それは本来の機能を果たしているのだとか。マクロファージは体内に異変が起きた時、傷口を修復するために集まり、移動や成長を促す物質を放出する。同じことがガン細胞にも行なわれ、マクロファージに誘導されるようにガン細胞が移動・増殖するという!ガーン!
 立花氏は「ガンは半分自分で半分エイリアンのようなもの。エイリアンを攻撃しようと思って自分自身を攻撃してしまう。治そうとして自分を攻撃するようなもので、生命とはなんだ?といったことを考えさせられる。結局ガンとは何なのか?」と問いかける。
 また「ガン幹細胞」と普通のがん細胞があるらしい。スタンフォード大学のマイケルクラーク博士は、ガン細胞を分類して実験を行なった。ガン幹細胞を注入したラットはガンが出来たが、その他のガン細胞を注入してもガンはできなかった。抗がん剤は「ガン幹細胞」には効かない。そればかりか耐性のあるガン幹細胞ができてしまう。そのガン幹細胞は、生命の根源である「幹細胞」に極めてよく似ていることがわかった。ガン幹細胞を攻撃することは幹細胞を攻撃することになる可能性が高い。「分けて治療することは、極めて難しい。」調査を進めれば進めるほどガンの撲滅は難しいということが解る。

 この他に、国内の学者や終末医療の取材もあった。真面目に取材されているのだが、この番組には治った人が登場しないのは残念だった。映像はとても残酷に、取材の次の日に亡くなった人を映し出していた。死を受け入れるとか、達観するとかは放送で取り上げなくとも、実際に誰もがいずれ受け入れざるを得ない。けれど、映像というのは文字よりも直接訴える力が大きいから、転移しても治ったり、長年ガンと共存している人など、もっと様々な角度から取材してほしかった。3人に1人が癌で命を奪われている事は周知の事。それでも以前よりは、癌の生存率は上がっているはず。希望の持てる実例も紹介する方が、放送特有の訴求力が生きるのでは無いだろうか。
 立花氏は最後に「自分はもしガンが転移しても頑張らず、抗がん剤は使用しないだろう。自分の年齢からしてQOLを下げてまで延命するメリットは無いと思う。人間は死ぬ力を持っている。いや死ぬまで生きる力を持っている。ジタバタしないで生きることが、ガンを克服するということではないか。」と言われる。確かにそうだけど・・・働き盛りや若い患者にはちょっと、やりきれない言葉だと思う。現実には皆同じ様に運命を受容しないといけない。でも放送で語るなら、もっともっと深みのある語り方をしてもらいたい。すがるような気持ちで見ていた人もいると思う。海外取材など相当な制作費を要したであろう取材力と3D表現力には感心したが、ちょっとデリカシーと芸術性の点で残念な…。えっ、これはそんな性質の番組ではないからと言われそうだが、私は放送には基本的に芸術性も必要だと思う。それも経済とか法律の番組ではなく、命をテーマに含む番組には特に。

 しかしどうやらほんの紙一重で正常細胞になったり、がん細胞ができたりするらしい。健康な人も、癌の経験後なんとか一段落した人も、闘病中の人も、卒業した人も、本当にミクロの世界の微妙な差なのだ。そして常に変化してゆく。普通に健康であることは、「奇跡」(病気になる前は当たり前と思っていたが)。良い事も悪い事も、全てに感謝しなければと思う。(録画はしなかったので、聞き違い、理解不足などあるかもしれません、概要のメモと言う事で何卒お許し下さい。)
2009.12.14 Monday * 22:53 | 医療関連の情報 | comments(5) | trackbacks(0)
NHK「がん 生と死の謎に挑む」再放送予定
 NHKスペシャル「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む 」の再放送があります。
2009年12月13日(日)  午後4時45分〜5時58分 NHK総合
 ※初回放送 2009年11月23日(日)
 
 先日のNHKスペシャルには、マクロファージの働き方が、ちょっと定説と違う事が解ってきたとか、本当に意外な研究成果が取材されていて興味津々だった。
ちょっと他の事に気を取られて、前半を見逃したので、再放送は是非はじめから見たいと思う。

JUGEMテーマ:がん全般
2009.12.10 Thursday * 18:49 | 医療関連の情報 | comments(2) | trackbacks(0)


| 1/2Pages | >>