スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

映画『100,000年後の安全』

『100,000年後の安全』(核廃棄物の処分場建設を追った映画)が、京都シネマで上映中です。もう、あまり日がありませんが、少しでも多くの方に御覧頂きたい映画だと思います。

原題は、『INTO ETERNITY』(永遠に)。

京都シネマHP http://www.kyotocinema.jp
        スケジュールページ
※上映時間は変更の可能性もありますので、直接お確かめ下さい。

なお7月15日(金)までは高槻セレクトシネマでも上映中です。
※最終上映は7月15日(金)のレイトショー(20:50〜22:05)。

映画『100,000年後の安全』


 核の廃棄物を永久地層の奥深くに埋め込んで10万年間保管する、フィンランドのオルキルオトに建設中の世界初の高レベル放射性廃棄物の処分場=オンカロ核廃棄物永久貯蔵所の建設を追ったドキュメンタリー。深さ約500メートルの花崗岩層の中に、放射性廃棄物を保管する計画で、10万年間(つまり半永久的に)、現状を保持するように設計されているらしいです。
 フィンランドは地層が安定しているため、このような処分場の建設が可能なのだそうですが、地球上にそんな危険な場所が、いくつも必要になるようなことは避けて欲しい。まして日本のような地震国で、もしこんな事をしたら大地震の際に何が起きるか解らないだろう。事実上、日本では完全な処理はできないのではないだろうか。そんな国で、原発を運転しているなんて、あきれてしまう。放射性物質の廃棄のことまで考えたらコストは高くなるはずで、どうしてこれを推進したのかは、謎。非常に予算の取れるプロジェクトだったということなのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

JUGEMテーマ:原発
 

at 15:22, inking, 本・音楽・映画など

comments(2), trackbacks(0), - -

新年

 新年の朝日はやはり格別ですね。陽光を見ると、『ではまた明日』の「朝起きた。生きていた。全世界に感謝した。」と言う言葉を思い出します。
 脳幹部グリオーマ(脳腫瘍の一種)で、18才で夭折した西田英史君の日記をもとにした本です。
 受験勉強に励み、友人との関係を反省したり、家事の手伝いなどにも気を配ったり、そして何よりも病気に前向きに立ち向かって、日記の締めくくりはいつも、『ではまた明日』でした。

『ではまた明日』西田 英史 (著), 西田 裕三 (編),草思社刊



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援を、お願いします。
JUGEMテーマ:読書


at 12:14, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

おかあさん、ぼくが生まれてごめんなさいね

 母の日が近づいてくると、色々な思いやエピソードが語られ、それぞれの人の心に、何とも言えない気持ちがにじんでくると思います。小さい頃の懐かしい思い出、暖かい布団のような感じ(これは実際抱かれていたときの感覚が残っているのでしょう)、どれだけ失敗しても母だけは自分の事を信じてくれる。それが母親のように思います。あるいは、母への想いがどこかで閉ざされた悲しみなども、あるかもしれません(事情でかなえられなくても、求める心は消える事が無い)。どんなに様々な形でも、母親とのつながりは命の根源のようなものだろうと思います。それぞれの人が、自分の母への詩を心に抱いていると思いますが、この詩はもう、これ以上はないだろうという母への詩です。

  ごめんなさいね おかあさん
  ごめんなさいね おかあさん
  ぼくが生まれて ごめんなさい
  ぼくを背負う かあさんの
  細いうなじに ぼくはいう
  ぼくさえ 生まれなかったら
  かあさんの しらがもなかったろうね
  大きくなった このぼくを
  背負って歩く 悲しさも
  「かたわな子だね」とふりかえる
  つめたい視線に 泣くことも
  ぼくさえ 生まれなかったら

  ありがとう おかあさん
  ありがとう おかあさん
  おかあさんが いるかぎり
  ぼくは生きていくのです

  脳性マヒを 生きていく
  やさしさこそが 大切で
  悲しさこそが 美しい
  そんな 人の生き方を
  教えてくれた おかあさん
  おかあさん
  あなたがそこに いるかぎり



※これは重い脳性麻痺の少年やっちゃん(山田康文君:当時14歳)の担任の先生が何ヶ月もかかって、少しずつ言葉を確認しながら記録された詩です。相手の言葉は理解できるが、自分は話す事が出来ないので、1つの言葉を選ぶのに何日もかかったそうですが、やっちゃんの心の中から生まれ出た宝石のような言葉。神様が彼と、おかあさんと、向野先生を結びつけて下さった事に感謝せずにはいられない詩です。この詩が出来て間もなく、15歳の誕生日のすぐ後にやっちゃんは、この世を去りました。「やさしさこそが 大切で/悲しさこそが 美しい」こんな言葉を残して。
(西島祥子さんのブログに紹介されていたので知りました)

JUGEMテーマ:読書


at 14:05, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

明日への遺言:藤田まことさん追悼番組

 2月17日に亡くなられた藤田まことさんの追悼番組が、各局で組まれています。中でも明日BSジャパンで放映される「明日への遺言」は是非見たいです。
「明日への遺言」BSジャパン
2月22日(月)午後8時55分〜10時54分

参照:映画紹介「明日への遺言」CINEMA TOPICS ONLINE
【予告編】

 内容は、第二次世界大戦の時、部下を庇って刑を受けた東海軍司令官・岡田資(たすく)中将の実話にもとずく小説「ながい旅」(大岡昇平原作) の映画化で、岡田中将の法廷での姿を中心に、その人格、責任の取り方を描いたものです。

 監督は黒澤明門下の小泉堯史、キャストも富司純子、西村雅彦、蒼井優、田中好子、フレッド・マックイーンと豪華で、制作エピソードを含めた、明日への遺言 特別版 [DVD]も発売されています。



藤田


 岡田中将の潔い生き方もこの映画の予告で知って感銘を受けましたが、今まで知らなかった藤田まことさんの言葉も、今回の訃報で知ることができました。私生活では、借金などの苦労もされているのですが、それに関連したコメントが、とても人間味があるのです。

 藤田さんはスポーツ報知のインタビューに「欲の出し過ぎもあったし、お人よしやったんでしょうね。いい苦労をしました」とトレードマークの人なつっこい表情で苦笑されていたそうです。
 総額何十億という負債の返済のため、年中無休で大役から細かい仕事までこなして、多忙な毎日にぼやくことはなく「私の姿を見て、何らかの勇気を持ってもらえれば」と言われていたそうです。コメディーなど時代の流れに添って仕事をしながら、最後はシリアスな名演技で締めくくった、見事な人生ですね。

 08年4月に食道がん手術。リハビリの末復帰されたが、その後慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、最後は大動脈瘤破裂であるとか。以前はそこそこヘビースモーカーの部類だったとも聞きますし、がんの治療後は俳優などのハードな仕事は大変な負担だったんだろうなと思います。普通の人もできるだけ、治療後は2〜3年位仕事をしないで良い、してはいけないというコンセンサスが得られたら(夢?)、どんなに良いかと思います。

 テレビの普及初期の頃から一杯楽しませてもらって、晩年までの真摯な仕事ぶりに、本当の生き方を教えて頂き有り難うございました。心からご冥福をお祈りします。

JUGEMテーマ:がん全般


at 17:14, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

ジュピター:平原綾香

最初の入院仲間に教えてもらった曲がいくつかあります。平原彩香のジュピターもその1つ。歌とや音楽、本、写真集などが支えになりました。IPod nanoがまだなかったので、VictorのMP3機を買って、良く聞いていました。ふと思い出して、You Tubeを見てみたら、前より映像が増えていました。

歌詞の一部を紹介します。

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を越えて 輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

中略

心の静寂(しじま)に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されてる
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために

歌詞の全部を紹介しているのは、「歌詞GET」

JUGEMテーマ:がん全般


at 22:07, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

余命ゼロを生きる

 きょう、本屋に金子みすゞの詩集を見たいなと思って寄ったら、なんと「顔の癌」と言う文字が目に飛び込んできた。「余命ゼロを生きる」佐藤由美著:WAVE出版。少し立ち読みすると、鼻にガーゼを詰めて…ウンウンこれつらかったな、とか自分の事と重なって、ドキドキして立ち読みでは読めない。もう運命だろうと思考停止してレジに持っていくと、これは病人か家族でないと買わないかもという、チト痛い金額。しかし運命なんだから仕方ない、著者への応援も必要だ。
書店を出ると、初めての退院時に病院の外に出た時の感覚がよみがえってきた。あ、こんな風景が当たり前なんだけど、何か自分と無関係な映画を観ているみたい。外の風景と自分との間に薄ーいベールがあるような感じ。立ち読みしている時、頭の中は病院の中にいたんだ。
帰りの電車はわざと各駅停車に座って、そのままほとんど読んでしまった。内容は、美容師の著者が、鼻の不調から始まってがんの宣告、治療、それまでの美容師としての人生、現在の心境などを淡々と綴ったもの。病状や治療法も詳しすぎない程度に書かれていて、大変バランスよくすっきりとした感じがする(これは病状の話に慣れているせいもあるかもしれないが)。自分が感じた事とすごく重なって、どうしてこんな本が、今、目の前に現れたんだろうと思う。
だけど!サブタイトルの「現役美容師、奇跡の物語」とか帯のキャッチフレーズ「大好きな仕事場で、最期まで働きたい」コレには考えさせられる。出版上の都合かもしれないけれど、映画『送り人』の舞台となった山形県…と言うのは関係ないと思うし、その映画の内容が死にまつわる事であるだけに、余命とか死が商売の種になっているような無神経さを感じる。もう感動の物語になってしまっているの?。こういう形(本)になっているから、私がこの方のすばらしい人柄を知る事が出来、本当に感謝するけれど、私としては4つの癌(どんな多重癌かと、これにもビックリしたのだが、転移などで4カ所)をかかえて、現役美容師を続けていることが「奇跡」という物語にはしてほしくない。現在まで治療に関して、色々なチャレンジはされているのだろうから、これ以上は書きにくいですが、、、『「余命ゼロを生きる」奇跡』ではなく、標準、先端、代替治療、または奇跡でも何でも良いから、心から回復をお祈りします。
 


◆佐藤由美さんの美容室"Hair&Make DEAR"に関する記事
 ※イチ・ゴカラー インストラクター グッチ ブログ

   必見!「余命ゼロを生きる」感動のシャンプー

 ※国際魅力学会会長・マダム路子のブログ (2016追記)

   余命ゼロ、癌宣告!美容師・佐藤由美さん」

 

 

JUGEMテーマ:がん全般

 

 

at 04:18, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(0), - -

恵みのとき

 診察日に病院の帰りに見つけた本「恵みのとき」(カトリック司祭、晴佐久昌英 著:サンマーク出版)を、少しだけ紹介します。ご自身が大腿骨の腫瘍で手術をされた時に生まれた詩「病気になったら」と、そのエピソードだけで構成された、小さな本ですが、なにかとてもほっとします。作者は司祭ですが、宗教色は強くなく、誰でも納得できると思います。私が入院中に読んでたらなあ…2005年3月末初版なので、3回目の入院中には出版されていたのに、4年後の今まで知りませんでした。知っていたら枕元に置いて泣いただろうな。(寄道しなかったらずっと知らないまま)
 私は時々風邪も引くし『頑丈』ではなかったから、自分の健康に感謝はしても、軽い会釈程度の感じだった。でも、これは危ないという崖っぷちに立ってみると、時々調子が悪い程度の普通レベルの健康って、奇跡的なほど貴重な事だった!今は最敬礼しています。

「病気になったら」

病気になったら どんどん泣こう
痛くて眠れないといって泣き
手術がこわいといって涙ぐみ
死にたくないよといって めそめそしよう
恥も外聞もいらない
いつものやせ我慢やみえっぱりを捨て
かっこわるく涙をこぼそう
またとないチャンスをもらったのだ
じぶんの弱さをそのまま受け入れるチャンスを
病気になったら おもいきり甘えよう
あれが食べたいといい
こうしてほしいと頼み
もうすこしそばにいてとお願いしよう
遠慮もきづかいもいらない
正直に わがままに自分をさらけだし
赤ん坊のようにみんなに甘えよう

…中略…

病気になったら 心ゆくまで感動しよう
食べられることがどれほどありがたいことか
歩けることがどんなにすばらしいことか
新しい朝を迎えるのがいかに尊いことか
忘れていた感謝のこころを取り戻し
この瞬間自分が存在している神秘
見過ごしていた当たり前のことに感動しよう
またとないチャンスをもらったのだ
いのちの不思議を味わうチャンスを

…中略…

病のときは恵みのとき

JUGEMテーマ:乳がん・がん全般

at 22:09, inking, 本・音楽・映画など

comments(1), trackbacks(0), - -

星野道夫展+おやつ

 梅田で開催された時見逃して、首を長くして待っていた星野道夫展「星のような物語」へ行ってきた。大丸神戸店9Fの大丸ミュージアムKOBEで、18日まで。くたびれる位作品が多くて、来た甲斐充分。写真集でおなじみの写真も大迫力で見れてほれぼれ!人気もすごくて満員である。やっぱりみんな好きなんだ。もしこの人が写真家になってくれなかったら、私を含めて多くの人が、こういう自然の感じ方があるという事を知らなかったと思う。添えられている、つぶやきのような言葉が味わい深いということもあるが、写真そのものが、本当に大自然と解け合ってゆくような気持ちにさせてくれる。星野氏に心からありがとうと言いたい。2004年〜2005の入退院を繰り返していた時期にふと近所の書店で、「星野道夫と見た風景」(新潮社)を見つけて、そうだ、子育て真っ最中で深く気に留めなかったけど、写真家が熊に襲われたというニュースを聞いたことがあるよ、この人だったのか!それ以来豪華な写真集を図書館で借りたりして、本当に心を洗われ、添えられた文章に教えられました。星野氏の愛読書「そして、奇跡は起った!」(評論社)も購入したり、文庫版の写真集Michio's Northern Dreamsをバッグの中にいつも入れていたりして、本当に心の支えになってもらいました。大感謝です。



 星野道夫的世界とは関係ないけど、帰りに阪急三ノ宮駅西口近くの高架下で「エビ財天」というたこ焼きに似た、ユニークなおやつを見つけて大満足。写真展は撮影禁止だろうと、カメラを持ってこなかったので、携帯で撮影。親切な店長さんで、焼けたのも有ったのに、新たに説明入りで実演してもらった。具はキャベツと海老の意外な組み合わせで、何もつけずにだし味そのままでおいしい。たこ焼きよりあっさりしているところは、やっぱり神戸らしい。1個120円とちょっと高め、でも価値は充分。これ星野さんに食べさせてあげたかったなあ。

特製鉄板にネタを流して、エビを1つ1つ丁寧にセットする。
エビセット

キャベツ、天かす等の具を入れて紅ショウガをちょこっと散らす紅ショウガ

とてもキュートな焼き上がり、おいしかったよ〜
エビ途中

できあがり
JUGEMテーマ:アート・デザイン


at 04:41, inking, 本・音楽・映画など

comments(0), trackbacks(2), - -