--------------------------------------------------------------------------------------
治療経過風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳
--------------------------------------------------------------------------------------

放射線治療の後遺症

ようやく8月が終わって、暑さもひと段落。

ちょうど15年前の今頃は最初の退院後で、職場復帰に向けて準備していた頃。

 

主治医は退院後は1月程度で普通の生活ができると言われたので、

専門学校の後期授業に向けて、授業計画などをしていたと思う。

 

その頃は放射線治療が終わったばかりで、後遺症の事などあまり考えてもいなかった。

ちゃんとがんが治癒できるかどうかだけが気がかりだった。

ただ、入院仲間の話では、「放射線は退院後の10年たっても効いているらしい」とのことだった。

 

骨がジーンとしびれている後遺症も、5年程度で治るだろうと思っていた。

ところがどっこい、その後転移や多重がんを経て、15年も経過したのに、

腫瘍が上顎洞にできていたので、左上顎(頰のほぼ中央部)にかけられた放射線の影響は一向に軽くならない。

それどころか、頭全体が重く鈍痛があった時より、範囲は少し狭まっているが、

痛みは強く感じる。

 

重症になったというより、ある意味治ってきてるのだろうが、頭部全体の鈍痛だったのが、

ああここに放射線をかけたのだなという、一点を中心に顔の半分ぐらいに痛みがある。

全体にぼやっと重痛い感じとどっちが良いかわからない。

 

もっとマシになってくれないかなと、思いながら、Blogを見直していたら、

特に自分を励ましてくれた記事をメニューのようにしたくなって、

あまりデザイン的には良くないが、記事の上部に入るようにした。

-------------------------------------------------------------------------------------
 治療経過 | 風景と情景星への手紙看護師まめさん美しい地球黒い瞳 
-------------------------------------------------------------------------------------

左の治療経過は、自分の病気に関しての記事だが、

その他は勇気付けられたブログやYoutubeへのリンクです。

 

他の方のブログに出会えて本当に良かった。

ただ実際に出会う事ができなかったのは、本当に残念だけれど。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←応援お願いします。

 

 

at 00:20, inking, 治療経過の概略

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

終戦の日

終戦の日に、ドナルド・キーン氏他、数名の方の文を引用されているフェイスブックを組み込ませていただきます。

アカウントを持っておられなくても、閲覧だけはできます。もし画面を塞ぐような案内が出たら、右下の「後で」をクリックすると下部に案内があるだけになります。
(神前内科クリニックのフェイスブックより)

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ ←応援お願いします。

 

at 23:38, inking, 憲法・人権など

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

「風景と情景」というブログに出会った

JUGEMテーマ:がん全般

「明日もいい日にしてみせますよ。ではまたね。」

 

最近、がん関連の事を検索をしていて見つけたブログが、「風景と情景」です。


そのブログは各記事の最後に、この言葉が書かれています。

病気になる数年前からブログを書かれていて、最初の頃の記事からも、機知に富んだ人柄が解り興味を持って読んでいたら、なんと患部は食道で、同じ頭頸部(私は副鼻腔)で、治療されていたが、呼吸器科も受診し始めたあたりで更新が止まっている。

偶然にも病院も同じ「大阪国際がんセンター」だった。

退院後の社会復帰が早い事に、主治医が驚いておられたそうだが、もう少し休養期間を長くとるように、病院がアドバイスしてほしい.....。

 

j-45.hatenadiary.org

----

j-45.hatenadiary.org

 

この方の入院時期は(大阪国際がんセンターの移転開院後すぐの頃)、それは私は大阪府立成人病センターの最後の頃に入院して、4度目の手術を受けたすぐ後で、今より回数多く通院していたので、ブログを知っていたら是非お目にかかりたい方だった。

ぜひ、一度他の方にも読んでいただきたいなと思うので、病気関係以外で心に残った日の文を一部引用します。

 

普段のひょうきんな一面を知って、闘病部分を読むと、辛いけれども、また心から人生を大切にしなくてはという、静かな勇気も出てきます。

 

ブログ主はケアマネージャーとして福祉の仕事で頑張っておられました。

大阪に飛田という旧遊郭があります。

そこに利用者さんの御宅があり、訪れた日には飛田地域への感想を交えた文になっています。

 

金曜日は飛田新地に住む利用者さんのお宅に
伺う日だ。

 

飛田新地は古い遊郭。その形態を今も
残す、全国でも珍しいのかもしれない
特殊な地区だ。

 

ビックリするくらい可愛い女の子から、
ビックリするくらい・・・なオバサンまで、
皆さんお金で自分を売っておられます。

 

あるお店から、中年のオッサンがスッキリした顔で
出て来たのを見た。仲介役のやり手ババアと、今しがたまで
そのオッサンに抱かれてた女の子が「また来てねえ」と
手を振っていた。

 

(中 略)

 

うわあ俺、最悪だな・・・ああ、いやだいやだいやだいやだ。
なんでこんな文章書いちまうのかねえ・・・また酒か・・・
明日これを見直したら、またいつもの様に後悔するんだろうな。

 

寝る。がんばれ、がんばれ。

 

とりあえず、真面目に働け。真面目に生きろ。気をしっかり持て(?)。

 

明日もいい日にしてみせますよ。じゃ・・・zzz

https://j-45.hatenadiary.org/entry/20050819

(大体は誘惑に負けないぞという文・・でも、後の方では体験されたようでもある。。。
まあ、若い男性なら体験したくなるのは理解できる。嵌らなければマアそれもありかな。)

すごくマメにブログを書いておられるし、きっとお元気になられたらブログを再開されるなり、閉じる場合は何か一言でも書かれると思うので、中断は本当に気にかかる。

 

でも存命かどうかということを超えるぐらい、彼という人は、私の心の中では、ずっと輝き続けると思う。

 

*同じテーマを「いつも+2」にも書いているので、文の一部は重なっています。

at 21:59, inking, 心に残ること・人・サイト

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

死は、新しい命に生まれ変わる節目

ずいぶん長く更新できなかったのですが、1月7日に98歳の誕生日を迎えた父の体力が、その後は徐々に低下して、4月1日に天寿を全うして人生を卒業しました。

 

父は自分の死亡通知として、こんな文面のハガキを用意していました。ごく近しい人だけに、こんな風に知らせてという希望だったと話しましたが、ハガキも古くて出せませんでした。代わりにここに書かせていただきます。

 

「皆さん今まで、本当に長い間お世話になり有難うございました。どうぞお元気で、さようなら。」平成○○年○月○日 天国一丁目一番地 はら しげる

 

このブログは私ががんになってからの記事が多いので、読んでくださっている方にも、闘病中の方もおられるかもしれないと思い、こんな話題を避けようかとも思ったのですが、片柳弘史神父のTwitterに以下のような言葉があったので、考えを改めました。

 

「死とは、芋虫が蛹(さなぎ)を通って蝶に生まれ変わるように、一つの命が別の形に生まれ変わるとき通過する節目。暗闇に呑み込まれ、すべてが消えてしまうような死は存在しません。まばゆい光に包まれ、新しい命に生まれ変わる。その瞬間が死なのです。今晩も、皆さんの上に神様の祝福がありますように。片柳神父」

 

「まばゆい光に包まれ、新しい命に生まれ変わる。その瞬間が死なのです。」とても素晴らしいことだなと思います。

 

またこの言葉は、私の不思議な体験も思い出させてくれました。まだ退院後日が浅くて、自分の頭のどこかに死があった時期のことです。眠ろうとして布団に入っていた時、いつもと同じ普通の部屋なのですが、周囲全体が光り輝く状態になり、そこへサッカーボールぐらいの大きさの光の玉がスーッと現れたのです。綺麗だなあーと思って幸福な気持ちになりましたが、玉が部屋を半周したぐらいで自然にホワーッと光は薄れて、普通の部屋に戻りました。これはもしかして臨死体験だったのかなと思ったり、ただの夢だった思ったり、半々の気持ちです、それぐらいリアルな体験でした。

Twitterの読込みをしたかったのですが、このブログではエラーになったりすることがあるので、Twitterを画像として掲載させていただきます。
 
片柳神父
ブログランキング・にほんブログ村へ

at 11:47, inking, 命・病気について

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

大阪国際がんセンター 2

前回、と言っても約半年前ですが、大阪国際ガンセンターの外観と周辺環境を中心に書いたので、今回は内部を中心に続報を書いてみます。2018年春に、病院に近接する重粒子センターも動き始めて心強いです。

 

玄関

玄関

 

ホール

ロビー

 

エスカレーター

エスカレーターのある吹き抜けも広々しています。

 

2階

外来受付前

 

説明

PHS貸し出しでメール呼び出しサービスがあるらしい

(私は使わずに診察室前で待っていましたが、席を外していても良いようになってます)

 

返却

携帯の返却BOX

 

カフェ

カフェとコンビニがあり、他にレストランもあります。

 

会計

カフェ内部に診察待ちの状況が解る、ディスプレイがあります。

会計は以前からこういうディスプレイが使われていたが、

診察の進行状況が解るのは便利。

 

地下鉄

地下鉄「谷町4丁目駅」まで、地下通路が繋がっているので、

北方向へ帰る人はやや遠回りになるが、雨の日は濡れずに行けて助かるでしょう。

 

自分が最初に、大阪府立成人病センターに行って以来14年ですが、病院本体は老朽化して、隣に「健康増進センター」という用途不明瞭な新築ビル(後に閉鎖)のあった成人病センター時代から見ると、夢のようにスッキリした状態になりました。

また大阪城天守閣がそばにあるのが、やっぱり好きだなあ。

入院は嬉しい事ではないが、病室からは天守閣が見えるという、この建物とロケーションは患者を大いに助けてくれると思う。

 

大阪国際がんセンター 公式サイト

■ アクセス(PDF)

 

応援をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

at 08:53, inking, 医療関連情報・病院

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

●美しい地球

地球の様々な様子を俯瞰した動画を見つけて、時々フルスクリーンで見ています。
こんなにも美しい地球。互いに血を流す事に繋がる争いは、何としても避けるようにしてほしい。
※この動画を、自分が見直しやすいように上に表示しています。
そのほか時々見直したい記事を「心に残ること・人・サイト」カテゴリーに入れています。
★下記*は、自分で時々見返しているページです。
*『心に残る、こと・人・サイト』(カテゴリー)
★がんの検索で来てくださった方へ。
*『治療経過の概略』(カテゴリー) 
 

 

at 12:24, inking, 心に残ること・人・サイト

comments(0), trackbacks(0), - -

                             

大阪国際がんセンターさん「ありがとう」

半年ぶりに『大阪国際がんセンター』に、受診のため行きました。

ブログは、なんと1年ぶりですが、5月にも診察はあったので通院は半年ぶりです。いつも通り、ファイバーカメラで副鼻腔を診てもらってOK!、次の予約は、「1年後で良いですよ」。正直嬉しい!一年に一回なんて普通の人でも、健康診断を受ける回数だもの。

不安いっぱいで、紹介状を持って森ノ宮の古い病院の入り口を恐る恐る入った時を思い出すと、何人もの先生や看護師さんにお世話になった。心から「ありがとう」と感謝します。

今まではCTも定期的に指示されていたが、今回は「撮っておきますか?」ということだったので、ちょっと考えて、「今回は止めときます」。だってだいぶ撮ってるもの。約2年前の嚢胞の手術以前は、たぶんそこ(上顎洞)の観察のために撮ることになっていたのだと思う。だから先生の方から、次はいついつCTをと指示があった。別に自覚症状がなかったので、手術をすることになっても半信半疑でいたが、そのしばらく後に強烈に痛くなって、空き次第となっていた曖昧な予定を、大至急とお願いして、すぐに入院させてもらった。もしCTを撮っていなかったら、突然の激痛に驚くはずで、CTが有用なものだとわかるが、やはり被曝するのだろうから、なるべく間隔は開けるようにしようと思う。放射線治療とその後の半年〜1年に一回のCTのため、相当に被曝済みなのだから。

それにしても、以前の大阪府立成人病センターの時と同じ病院なのに、建物によってこんなに気分が違うとつくづく思いました。新しい病院は、病室から遮るものがなく天守閣が真正面に見えるとニュースにあったが、それは素晴らしいと思う。診察室のあるフロアは低層階だし、方向も違うので天守閣は見えないですが、明るく広々している。他の患者さんと先生の話し声などは聞こえようがありません。「大阪府立成人病センター」時代も、何回かの改装で改善されましたが、2004年頃はカーテンだった時もあって、つい涙してしまうような悲しい話が聞こえたこともありました。本当に環境って大切!

周辺部を含めて写真を撮ってきたので、何回かに分けて載せますね。

今日はとりあえず、外観とほんの周囲だけ。

私の運営している地域情報サイト「北摂なび.com」に内部などを含めた画像を載せていますので、よろしければご覧下さい。

*病院のある大手前は北摂ではないが、広い地域の人に関わりのある病院なので特別に掲載。

 

大阪城

天満橋から行くと途中にちらりと大阪城天守閣が見えます。

 

がんセンター

上層階が入院用の病棟です明るそう。

 

重粒子

大阪城側の大阪重粒子センターも2018年開業予定。

 

堀

大阪城の堀越しにOBPの高層ビル群が見えます。

 

○病院内部、通院帰りに寄り道などなど、続きはまた少しずつ書き加えます。

 

【患者会のHP紹介】

会場:両会共に大阪国際がんセンター

「1・3・5」の会
どの部位のがんでも、また病院がどこの患者さんでも入会できます。

口腔・咽頭がん患者会

頭頸部がんの患者会、病院はどこの患者さんでも入会できます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村参加中。よろしければクリックの応援お願いします。

 

JUGEMテーマ:がん全般

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

at 13:19, inking, 医療関連情報・病院

comments(0), trackbacks(0), - -